うちには子供が3人いる、というと「えっ」という顔をされるけど、この歳で産むわけないでしょ。娘の親友をバカロレアが終わるまで預かっている。難しい年頃の、しかもバックを控えた子を・・・と思ったけど、家庭の事情が複雑で、うちのほうが“集中して勉強できる” と言われれば断れない。
一緒に暮らし始めてみると、かわいい性格で、よく手伝ってくれるし、「実の子供よりいいじゃない」と思うほど。
と言ってもうちにアドレッサンが3人というのはなかなか騒々しい。夜中にギターを弾き始めたり、パソコンゲームが白熱して大声になったりで、「何時だと思ってんの !!」「ウルサイ !!」と怒鳴ることもしばしば。
ユースホステルの管理人オバサンになった気分だ。

さて高校の授業は6日で終わり、1週間がバック準備に当てられている。さすがに2人とも出かけずに一日中勉強していて、楽しみは食べることだけ。娘は「二重顎になった」と嘆いている。
うちのあちこちに暗記用カードやノートやコピー、床には服が散乱し、「女の子でしょ、少し片付けなさい!」といえば、「それは女性差別的な発言である」と言われる。“最後の直線コース”だもんね、目を瞑ろう。

そして明日が初日、哲学を皮切りに、次の月曜日まで続く。
哲学は、与えられたテーマ、または抜粋テキストの解説から選択で、持ち時間は4時間!
バカロレア2014

美術学校の娘はバックS(サイエンス・バカロレア)の一種で、友達はバックL(文学バック)なので、受験科目が違う、だけでなくcoefficient (コエフィシアン=係数)が違ってくる。コエフと縮めて呼ばれる係数とは、例えば文学バックでは哲学、フランス語の係数が高く、サイエンスバックでは数学、物理が高い。娘の科学美術バックでは、アートプロジェクトの係数が16と超高く、これでしくじれば、いくら他の科目が高得点でも受からない。いきおい、受験生たちはコエフの低い科目にはあまり時間をかけない。

苦手な物理に取り組んでいる娘は、退屈まぎれに「X線の仕組」を説明してくれる。
「じゃX線を発明した人は?」
「ムッシューX」
レントゲンに決まってるだろ。
家庭用鏡と研究所用鏡の違いについて。理由はややこしくて忘れたけど、家庭用鏡(ブティックのも)には必ず誤差がある。
「じゃ一生自分の本当の姿は知らないってこと?」と私。ギョッとする娘。

前日の今日、娘と友達は近所のVide grenier(屋根裏セール)に出かけている。余裕があるのか、開き直っているのか・・・リラックスしているのは確かだ(後で聞いたら、どちらでもなく「諦めの心境」とのことだった・・・)


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ