バカロレアが終わった娘が、待ちに待っていた“お祭り”がSolidays/ソリデイズ。ロンシャンの競馬場で行われるミュージック・フェスティバルだ。というとありきたりだけど、Solidaysは1992年にできたSolidarité Sida(エイズ連帯)というアソシエーションが主催していて、利益がエイズ予防や患者の援助に寄付される。

1999年に始まったフェスティバルは年々大きくなり、150人のミュージシャン、17万人の入場者の大イベントに発展した。
・・・という大切なミッションと長い歴史を知ることになったのも、まあ娘のお陰。

Solidaysのチケットは、5ヶ月以上前の2月14日に発売になった。娘に重々頼まれた私は、発売と同時にチケットを購入した(させられた)。3日間通しのチケットが72ユーロ。時間が経つにつれて値段が上がる。

初日に電子チケットをこのブレスレットと交換、3日間の通しチケットになる。連帯感のシンボル!
このブレスレット、恐ろしく丈夫でお風呂にも海にも耐え、娘は去年のもまだつけている。
Solidays2

ロンシャンの競馬場には3つのステージが作られ、夜19時から夜中の1時まで、ロック、テクノ、ポップス・・・色んなグループがコンサートをする。
Solidays1

今年は、-M-、メトロノミー、Disiz、 Nasser、 Rodrigo y Gabriela、 Chinese Man、Gesaffelstein(DJ)、ヴァネッサ・パラディ・・・ビル・ゲイツも来たとか(歌わなかったけど)。ミュージシャンたちはギャラを下げたり、実費だけでイベントの主旨に協力する。

娘と友達は「会場で買うとまずくて高い」とお弁当持参で、汚れてもいい格好で(「それパジャマじゃなかった?」)出かけて行く。心配なのは帰りだ。有名なミュージシャンほど遅いコンサートなので、会場を出るのは夜中の1時すぎ。携帯電話は混線して通じない。
「深夜バスに乗れた」「最終メトロに間に合った」と電話がかかってくるとひと安心で、バタン・グーと寝てしまう。
翌日、興奮して「Mのギターが天才的。歯で弾いたのよ」とか「Rodrigo y Gabrielaがすごくよかった」
でも、「すごい人ごみだから気分が悪くなっって倒れても、救助の人がくるまで時間がかかる」とか「ハシシの匂いがそこら中」という話も聞いて、よく行かせるわね、と自分で感心する。

「で、トイレはどうするの?」私なら一番に心配することだ。
「仮設トイレの前は長蛇の列で30分待ち。でもいい方法を見つけたの」と自慢げな娘。草むらでするのかと思ったら、
「友達が『この子、気分が悪いんです』と私を抱きかかえるようにして、私は口に手を当てて今にも吐きそうにするの。そうすると、みんな怖がって道を空け、真っ先にトイレに辿りつける」 さすがわが娘!
「吹き出さないでそんな演技ができるの?」
「ギリギリまでガマンしてるから、こっちも必死よ」
そして「踊りまくって3kgは痩せた」と喜んでいる。

今夜が最終日。メトロノミーのコンサート、どうだっただろう?と気になりながら、でも5時間以上立ちっぱなしのコンサートに行く体力はもうないわね・・・

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ