ひとり旅の女

イレーヌは、世界中の4つ星ホテルを泊まり歩くという、人も羨む仕事をしている。
彼女はホテルに着くなり、フロントの応対、ベルボーイの態度、ロビーの家具や絨毯、部屋に入れば白い手袋をはめ、家具やカーテンのほこり、リネンの清潔さ、ベッドメイク、レストランでは、グラスや食器の磨かれ方、サービス・・・をチェックして点数をつける。“謎のお客”と呼ばれる視察官は、滞在の最後にしか仮面を脱がないホテルにとっての脅威だ。

パリのホテル(確かクリヨン)も登場。

映画『ひとり旅の女』

同僚たちは結婚や出産で辞めていき、イレーヌに仕事が集中、今日はトルコ、来週はタイと飛び回る。そう、イレーヌは40歳、独身、子供なし。
結婚して2人子供のいる妹は、早く身を固めろ、とうるさく言い、元彼アンドレアは待ちくたびれて、2人の間は友達化している。それでもイレーヌは、世界のあちこち旅できる身軽さと、待つ人のいない自由さを捨てられないのだ。

諦めたアンドレアは他の女性に接近。優しそうでいい男なのにもったいない・・・
映画『ひとり旅の女』

ある日、ホテルのバーでひとりお酒を飲んでいるイギリス女性と言葉を交わす。50代のケイトは作家で、離婚してひとり暮らし。イレーヌと同じく魅力的で、自由を愉しんでいるように見える。
シックなバーのインテリアを「こんなの虚飾よ、息が詰まる」と言い、「あしたの夜、小汚くて美味しいレストランに案内するわ」とイレーヌに約束して別れる。
でもその約束は果たされなかった。
ケイトは夜中に心臓麻痺で亡くなったのだ。家族が誰も来ない孤独な死を目の当たりにして、イレーヌの信条は揺らぐ:この生き方を選んでよかったんだろうか?

『Je voyage seule』(『ひとり旅の女』・・・なんか演歌のタイトルみたいだけど)は女性監督のイタリア映画。綺麗な映像(豪華ホテルが次々に)とゴキゲンな音楽で、重いテーマを包んでいる。

映画『ひとり旅の女』
photos:allocine

イレーヌと妹のコントラストが上手い。夫婦喧嘩や子供の世話に忙しい妹は、イレーヌの暮し方が“自由で自分勝手”に見える。妹の大変さは目に見えても、孤独や周囲のプレッシャー、ひとりで何でも引き受ける“大変さ”は見えないのだ。

アヴァンチュールはあっても、“誰とも暮さないでひとり”を貫いている友人がいるけど、彼女の強さが今頃わかる。
私も時々、突然の誘いにふらりと出かけられた自由な時代を“あの頃は良かった”なんて思うけど、それは無いものねだりなのだな、と。

『Je voyage seule』
Maria Sole Tognazzi監督作品
1時間25分

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ