ばかんすアルバム

バカンス中の場面は、すぐに私の中のアルバムに加えられるような気がする。子供たちはすぐ大きくなるし(もうなってる)、この国の夏はすぐに終わる。
朝の5時半頃、アパルトマンのベランダから。空はもう明け始めているのに、町は眠っている。

夜明けの風景

スマートフォンで撮った写真をチェックする娘と友達。

海岸

ニースも近い。電車で10分くらい。恐ろしく高い展望台に上ることに。
「えっあそこまで上がるの?」

ニース

どのくらい高いかというと、この景色が見えるくらい。さすがに海岸は人が多い。ニースは“ブランド”だものね。

ニース海岸

どのくらい上って降りたかというと、その後で(娘まで)足がガクガク震えるくらい。
降り切ったら、階段の横にエレベーターがあった。遅すぎる発見・・・

サーモンピンクの建物に洗濯物がぶらさがるニースの裏道。イタリアの町にいるみたい。

ニース

パレオをクルクル巻いて、ターバンにしてしまう。「太陽で髪が痛むから」だそう。
「ショートの人にはわからないわよ」はあ、そうですか。よく見ると「それ、アタシのパレオじゃない!」

ターバン

美術館で、振り返るくらい素敵なマダムがいた。共のベルトをウエストでしばるベージュのワンピース、白いショルダーに、白い皮サンダルは、ゴムぞうりのデザインだけどカットがとても素敵。日焼けした肌に赤いペディキュア。
とてもシンプル、ブランド・ロゴのかけらもないのに、すべて誂えたように似合っている。
「ママン、何してるの!」と言われなかったら、もっと見とれていた。写真には撮らなかったけど、頭に焼きつけた。

あの光の波はアンティーブ、こっちの宝石箱はニース・・・星が見えないのは意外だった。海の蒸気のせい?

夜の海岸



ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ