経済政策では評判の悪いオランド政権だけど、8月26日に発足した新内閣の顔ぶれはなんか期待が持てそうだ。まず若い大臣が目立つ。
2012年、39歳で中小企業担当相になったフルール・ペルランはソウル生まれ。生後4日で親に捨てられ、孤児院に託された。名前はKim Jong-suk。6ヵ月の時、フランス人夫婦が養子に取り、Fleur(花子)ちゃんとなる。
頭がいい上、ガンバリ屋の花子ちゃんは、16歳でバカロレア取得(つまりどっかで飛び級してる)。ESSEC(エセック経済商科大学院大学)→パリ政治学院→ENAと、名門グランゼコールを総ナメ。ヴァルス第二内閣で文化・コミュニケーション大臣に。
フランス政府で“初めてのアジア人大臣”!というドラマチックな上昇ストーリー。私生活ではフランス人の夫と子供1人。

最近出回っている脚線美の写真。
新文化相フルール・ペルラン

36歳で経済相になったエマニュエル・マクロン。アミアン出身で両親はお医者さん、高校でパリの名門校アンリⅣに転校し、 高得点でバカロレア取得→パリ政治学院→フランス国立行政学院(ENA)。
2002年から社会党党員になり、2006年にフランソワ・オランドと出会う。
一時は銀行(ロスチャイルド)に勤め、給料はすごかったが(政治家の10倍)長続きせず、2012年、オランドが大統領になってから“影の助言者”として重宝がられた。今回、日向に引っ張り出されたわけ。
政治歴史上、2人目の最年少経済相(一人目は1962年、36歳で経済相になったジスカール・デスタン)。
私生活では高校時代のフランス語の先生と2007年に結婚。20歳年上!というから、36+20=56歳。同年代の女性たちが期待に目を輝かせそうだ。

そう言われて見ると、年上が好きそうな風貌・・・

新経済相エマニュエル・マクロン

週末は孫(奥さんの連れ子の子供)と遊ぶとか。

そしてこの可愛い顔のナジャ・ヴァロー=ベルカセム、36歳、モロッコ出身。
5歳のとき、フランスの建築現場で働いていた父親のもとへ。

新教育相ナジャ・ヴァロー=ベルカセム

高校までアミアン(彼女も!)→パリ政治学院。ENAには2度失敗するが、アルノー・モントブールの大臣官房にいた将来の夫に出会い、政治の道へ。フランソワ・オランドの大統領選ではスポークスマン(ウーマン)、当選後はエロー首相内閣の女性の権利相、ヴァルス第一内閣では女性権利・青年・スポーツ相。そしてこの度、モントブールに同調して“クビになった”ブノア・アモンの後釜、教育相に。
「共和国の歴史上、初めての女性教育相」。私生活では夫と子供2人(双子)。

社会党は、伝統的社会主義の理想派(主に年寄り)と、今の時勢、経済情勢は、それではやっていけないという中道派(彼らのような若い世代)が対立している。これから主導権を握っていくのは、どう考えても後者。
移民やマザコン(?)をバシバシ大臣にしてしまうオランド=ヴァルス・コンビもなかなかのモン。これまでの低迷を挽回してほしい。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント
何時も「フツーの生活」がおもしろい。興味津々。
いつも楽しく
拝見しています。
エスプリが効いて素敵なblogですね。

生活も、政治も
独立した『大人』のblogですね。


チョッとエスプリ
真似するかも。

Re: henry5th様
嬉しいです!
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ