2度あることは・・・4度ある

今週は悪いニュースが3つあったので、これでもう終わりと安心していたら、そう甘くはなかった。
土曜日の午後、義妹の誕生日を祝いに、夫と娘と3人でディジョンに向かっていた。パリから450km。
3分の2くらいまで走ったとき。いきなり中央分離帯の壁が近づいてきて「危ない!」と叫んだのと、車体が跳ね返されたのと同時。何がどうしたのかわからないまま、夫は路肩に車を止めることができた。眠っていた娘がドアに頭をぶち当てたくらいで、みんな無事。降りてみると、前のタイヤがパンク、なんて生易しいものではなく破裂している。バックミラーはもげている。でも車体は凹んでいない。

想像するに、夫が一瞬ぼんやりして、中央分離帯にぶつかったらしい。高速の分離帯は裾が広くなっているので、タイヤだけが、時速130kmで激しくぶつかった。

ディジョン・リヨン高速A6

私と娘はネットで「高速A6・事故・牽引車」で探したけど、緊急の番号は出てこない。イライラ。結局、番号案内にかけて、地元の修理ガレージに繋がった。
「今、手が塞がっているからすぐには行けない」という返事。日が暮れていく高速で待つこと1時間。
やっと「5分で着く」という電話。それから20分は待ったわね。そば屋の出前と一緒だ。

巨大な牽引車が現れ、のん気そうなオジサンが降りてきた。「わっカッコいい、一度あれに引っ張られたかった!」と娘。
どんな状況でも楽しいことを見つける性格で、時に腹が立ち、時に救われる。
そのあたりで、私達がラッキーだったことがわかり始めた:すぐ隣や後ろに車やトラックがいたら、もっと大変な事故になっていた・・・
「ここから3分」と言われた修理工場まで夜道を15分は走った。土曜日の夜、誰もいない巨大な修理工場。タイヤを替えても走ることはできない、ホイール(多分、そういう名前。私は運転ができない)も歪んでいる。

時間は21時。今からディジョンに向かえば22時過ぎになってしまうし、私たちはパーティができる状態でもない。
保険会社がSemurという近くの町からタクシーを呼んでくれて、パリまで送ってもらうことになった。

午後に走った350kmを引き返す。女性ドライバーの運転は滑らかで、急ブレーキが得意な夫や、乱暴なパリのタクシーとは別物だった。高速でのメーターの上がり方に娘が心配する。大丈夫、保険が払うんだから。パリに着いたときは650ユーロ!しかもタクシーはSemurに戻るからメーターは倍になる。ドライバーがゴキゲンだったわけだ。

うちに入ると、猫たちがキョトンとした顔で迎えた。「夕方、近所の人がエサをくれに来たのに・・・ワケがわからん」
とにかく。Jamais deux sans trois(2度あることは3度ある)と国際的なことわざになっているのに当てにならん。でもみんな無事だったから、いいとしようか。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


      
スポンサーサイト
コメント
お怪我がなくてよかったです
4度目が一番ヒヤッとされたのでしょうね・・・
本当にお怪我がなくてよかったです。
でも、むち打ちは後から症状が出ることもあるので、しばらくはお気を付けください。
それにしても、フランスの方は時間の感覚が違うんですね。(笑)
5分が20分、3分が15分。。。いいなぁ。
Re: Noka様
ご心配、ありがとうございます。
翌日、娘は「あ、顔がゆがんでる!」「前よりバカになった」と友達にからかわれていましたけど、みんな無事です。
時間の感覚の違い、おっしゃる通りです。最初は腹が立ちますが、よく考えると「そんなに急いでどこへ行く?」と。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ