オランド大統領にふられた後に、ヴァレリー・トリールヴァイエールが著した『Merci pour ce moment/その時をありがとう』が英語訳されてイギリスで発売になる。

ヴァレリー・トリールヴァイレール

その機会に、濃いメイクで唇に人差し指を当てたヴァレリーの写真がTimesの一面を飾った。
フランスでは、「嫉妬深く復讐心の女」、「現職大統領のプライベートを暴露して・・・」と評判の悪いヴァレリーさん、イギリスではスターのように迎えられたとか。
イギリスのメディアはもともと“綺麗な女性を表紙に持ってくるのが好き”だそうで、それが現大統領のモト彼女となれば飛びつくのは当然だ。
彼女をインタビューしたTimesの記者は、
「リポーターとして、事の成り行きをありのままに語ろうとしたヴァレリー・トリールヴァイエールの決断を評価する。フランス大統領の驚くべきキャラを明るみに出すのは悪いことではない」
“ありのまま”かどうかはオランドさんにも聞かないとわからないだろうに。

ちょうど同じとき、大統領と女優ジュリー・ガイエが、エリゼ宮の中庭で仲良くお話している写真が、ゴシップ雑誌Voiciに載る。
フランソワ・オランド&ジュリー・ガイエ

バイクに乗って、ジュリー・ガイエとの密会に出かける大統領の姿がすっぱ抜かれて、ヴァレリー・トリールヴァイエールがショックで入院したのは今年の1月。
それ以来、フランソワとジュリーの仲は終わったのかと思っていたら・・・浮気じゃなくて本気だったらしい。
黙ってはいられないヴァレリー、イタリアの雑誌のインタビューで、
「オランド大統領は『今後、ジュリー・ガイエはエリゼ宮には一歩も入れさせない』と誓ったのに!またウソがひとつ増えた」と怒りをぶちまけたとか。インタビューのタイトルは『裏切られ、捨てられ、私は黙ってはいない』。

終わった愛情はもうどうにもならない。せめて引け際をきれいにしないと、自分や思い出まで汚れてしまうのにね。別れた男の悪口を国外まで行ってしゃべるなんて・・・オランドは踏んだり蹴ったりだ。
某ジャーナリストが、
「同じ女として、同じジャーナリストとして(ヴァレリーはジャーナリスト)、二重に恥ずかしい」と語っていた。同感。

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント
オランドの肩ばかり持つ人・・・
この人の名前って・・・
前から思っているのですが、この人のtrierweilerという名前はフランス語ではどのように発音されているのですか?私的にはトリエルヴァイエールじゃないかなーと思ったりしますが?
Re: タイトルなし
前にも書きましたが、サルコジ、マリーヌ・ル・ペンなど他の政治家に比べてオランドは好きです。大統領の器ではなかったようですが。
Re: この人の名前って・・・
フランスではトリエルヴェレールと発音されています。私は日本の表記、トリエルヴァイレールに合わせましたが、これはドイツ語読みです。この人はドイツ人ではないので・・・
Trierweilerは発音しにくいし、覚えにくいので、Valerie machine(ヴァレリーなんとか)と言う人も少なくないです。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ