クリスマスが「待ち遠しい」人がフランスではたった37%、と聞いてもあまり驚かない。
お隣のドイツでは71%、イギリス69%、ノルウェイ74%、デンマーク76%の人が「楽しみに待つ」と聞くと、逆に「へぇー」と思う。フランスでも18-34歳は過半数が「待ち遠しい」で、55歳以上になると「やりたくないけど義務だから」と言う人が多いそうだ。

その理由に「本来の意味が失われてしまった」と答えている人が76%。
キリストの誕生日という起源が忘れられがちで、商業的になっているのを嘆く人が多い。ミサに行く人は減っても、宗教がメンタリティに残っている国なんだ。意外とマジメ。
“家族みんなで集まる”(クリスマスは家族で祝う。クリスマスと元日の祝い方が日本と逆だ)のを“楽しくない”“重い”と感じる人も多い。家族には“思い出したくない”“暗黙の”過去や秘密があるもんだ。そういうのが浮上してしまう日・・・
それに加えて、再構成家族が増えて、実の親や子供とクリスマスを過ごさない人が増えている。

クリスマスには自殺者が多いという噂があるけど。家族が集まってご馳走を食べ、プレゼントを交換する日に、孤独な人は余計に孤独を感じるから。
フランスで毎年この時期に放映される映画『Père Noël est une ordure/サンタクロースはクズ野郎』も、クリスマスの孤独に耐えかねる人たちをコミカルに描いた作品だ。ロングラン・ヒットの訳は、感情移入する人が多いってこと。でもこれは噂だけ。この時期に自殺者が増えるという統計はないそうだ。

「クリスマスのご馳走が待ち遠しい」フランス人は40%。「プレゼントを贈るのが待ち遠しい」も40%、逆に「もらうのが待ち遠しい」は12%。そう、プレゼントは贈るほうが絶対楽しい。
息子は“新しいパソコン”で、自分でパーツを選んで、こっちの出番はカードだけだった。つまんない。
娘はデルビーシューズと水彩絵の具。靴は一緒に行って買った。

デルビーズ

義妹は“カラーストーンのイヤリング”を頼まれ、選ぶのが楽しかった。
夫とは“ソルドが始まってから贈り合う”という合理的習慣。でも何もないのもナンだから本を選んだ:『Avec Giacometti/ジャコメッティとともに』。昔読んですごく感動した矢内原伊作さんの著書の仏語訳、たまたま通りかかった本屋で(まさに)出会った。

個人的にはクリスマス・ツリーが好き。イリュミネーションが煌く街が好き。ご馳走はフォアグラとか生牡蠣が好きじゃないので、待ち遠しくはないわね。
今年一番の“贈り物”は猫のアナイスがまだいること。9月末に癌で「あと何週間」と言われたのに、3ヶ月生き延びた。
それと子供たちから送られたマーシー・グレイのCD『The way』
ヴィデオクリップじゃないけど、これです。




ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
Joyeux Nöel, chère Anaïs!
初めまして!

私はノルウェーに住んでいますが、自国のクリスマス事情を話す時に「日本では商業よ」というふうに返答するのが普通になっています。ここでも同じ風潮があるようですが、やっぱり家族だんらんを楽しみなさる方が圧倒的に多いようなので、まわりはハッピーな雰囲気に満ちています。

3か月くらい前からブログを読ませていただいているのですが、アナイスちゃんの具合が気になって気になって…今もご一緒にいらっしゃると知り本当にうれしいです。少しでも長く、楽しい思い出を作っていかれるようお祈りしています。
Re: Joyeux Nöel, chère Anaïs!
沙耶香さま
北ヨーロッパのほうが”楽しいクリスマス”が残っているようですね。
アナイスをご心配いただいてありがとうございます。内心、クリスマスまで一緒にいてほしい、と思っていました。願い達成!肺に転移しているので、もうあまり長くないかもしれません。うるさがれるくらい可愛がっています。どうぞよいお年をお迎えください。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ