大きくなったら何になる?

college

娘の友達4人が、クラスのみんなが将来何になるか予想した。その子の得意分野や性格、持っているイメージが根拠になっているんだけど、なかなか的を得ていて(?)面白い。
すごく綺麗なクロエはトップモデル、面倒見がいいエマはスチュアーデス、ぱっとしない男の子2人は、スーパーの店員とゴミ集配人。残酷!「ドラッグ密売人」になるというエリオットは既にデンジャラスな雰囲気があるらしい。親とうまくいっていなくて暗い印象のエミリーが「外国に行く」というのも、なかなか深い。
娘は何かというと「ゴスロリ、のちにルカ(クラスメート)と結婚するが逃げられ、ポール(同じく)と結婚」
「これって職業じゃないでしょ!それにどうしてルカに逃げられるの?片思い?」と私。
この「みんなの将来像」は授業の一環ではなく、子供たちが面白がって考えて、ご丁寧に人数分コピーして授業中に回したそうだ。コピーが回ってきたとき、娘は怒って(「だってルカもポールも好きじゃないもん」)授業中であることを忘れて叫んだとか。
ちなみに彼等はコレージュ6年生、日本でいうと中一だけど、フランスは小学校が5年間なので11歳だ。

息子は小さいとき銀行家になると言っていたっけ。お金にというより、ものと値段の関係に興味があって「それっていくら?」とよく聞いていた。
先日、娘がドイツ語のテストで20点満点を取り、ドイツ文学者のおじいちゃんに報告した。おじいちゃんは「さすがわしの孫じゃ。ご褒美にチェックを送ってあげよう」。後日送られてきたチェックに「20点だから20ユーロ」と一言、それをみた息子、羨ましがると思いきや「バカ、どうして40点って言わなかったんだ!」 親たちより経済観念はあるみたいだ。
写真は、子供たちが通っているリセ・コレージュの正面。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ