35年の飛行経験があるオランダ人Jan Cocheretは、現在エミレーツ航空のパイロット。彼はAviation Newsというサイトやパイロットの業界紙に解説を書いていて、2ヶ月前に今回の事故のシナリオを予言していた、と、Slateが報じている。

「コックピットのドアの安全開閉装置のおかげで、パイロットが同僚をコックピットから締め出すのは難しくなくなった。彼がトイレに行くのを待つだけでいい。暗証コードで入ることはできるが、中にいるパイロットはこのシステムを解除することができる。

ジャーマンウィング機 墜落
photo:Reuter

この“安全装置”はハイジャッカーがコックピットに入るのを防ぐため、9.11テロの後に導入された。2014年2月にエチオピアン・エアラインのパイロットがこれを利用して、ハイジャックしようとした。
当初から私はこのシステムに反対だった。ハイジャックしようとする人が侵入するのを防ぐことはできるが、コックピットの中に既に危険人物がいる場合どうなるのか?
私の横に乗っているパイロットはどんな人物なのか?としばしば考える。もし、彼が人生に絶望してたら?トイレから戻ったとき、ドアが開かない、という事態には絶対直面したくない」
まさにジャーマンウィング機で起こったことだ。

副操縦士ルビッツの精神状態を、ドイツのメディアが毎日少しずつ明らかにする:
精神障害で治療を受けていた。
彼の自宅から、破られた病気休養の診断書が見つかった(あの日操縦席に座っているはずがなかった)。抗欝剤など精神障害の薬が多量にみつかった。
そのため、念願の“ルフトハンザの機長”にはなれないと絶望していた。
モト彼女に「システムを変えることをする。みんながボクの名前を知り、忘れられなくなるだろう」と話していた(つまり計画的だった)。
さらに網膜はく離の危険があると言われていた(パイロットは続けられない)。
(今の)彼女が妊娠していた(らしい)。

2009年9月、マラソンに参加するアンドレア・ルビッツ
ジャーマンウィング機 墜落 副操縦士
photo:AFP

150人の命を預かっていたパイロットが、ここまでひどい状態で、しかも鬱状態の発作的行動ではなく、計画的だったとは・・・ただ唖然。
この事故の後で、“コックピットには必ず2名いる(ひとりがトイレに行っている間、例えばスチュアートかスチュワーデスがコックピットに入る)”が義務づけられることになった。
一番事故が少なく安全な乗り物といわれる飛行機。でも事故になれば生存の可能性は限りなく低い。すでに飛行機が怖かった人たちはさらに嫌いになるだろうし、怖くなかった人も「パイロット、人生に絶望してないかしら?」とか心配しそうだ。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ