三つ猫の魂百まで?

リュリュがうちに住むようになってから1ヶ月、もうベッドの下に隠れたり、足音に逃げ出したりしなくなったけど、野良猫を母親に持ち、施設や臨時の飼い主を渡り歩いた習性は残っている。

すごい夜型:臨時に預かられていたうちで、“人が動き回っている昼間は隠れ、みんなが寝静まった夜中に活動する”習慣だったとか。そういう生活リズムはなかなか変わらないもんだ。ウチでも真夜中くらいからすごく元気になって飛び回る。アナイスのように、私の脚の上で眠ったりしない(あの暖かい重みが懐かしい・・・)
タマも一緒に遊んでいるらしく、朝6時ごろ、2匹で腹が減ったと起こしに来る。前はアナイスが私の顔を叩いて起こしていたけど、今ではタマが“代表”に昇格し、前足でポンポンと顔を叩く。目を開けると2匹の猫がきちんと正座してご飯を待っている。

焼けたトタン屋根の上の猫!

タマ&リュリュ

食べ方:リュリュはご飯をあげると「今食べなかったら、次いつ食べられるかわからない!」という食べ方をする。必ずタマのお皿から食べようとするし、すごい勢いで食べる。もう一ヶ月も、満腹以上に食べてるくせに、このサバイバルな食べ方は修正されない。猫好きのうちで生まれ、3ヶ月目に引き取ったタマとはエライ違いだ。幼児期の習性は一生消えないんだろうか。
娘が「リュリュは田舎の猫たちに似てるね」。田舎のうちの周辺には野良猫が何匹かいて、夜、キャッツフードと残り物を外に出しておくと、朝はきれいになくなっている。リュリュも残り物を何でも食べる。タマのように「魚より肉が好き」とか、故アナイスのように「脂ののった鮭とサバだけよ」などと言わない。

先月末に養子代180ユーロ(予防注射、不妊手術代込み。もっと高いところもある)のチェックを施設に送ったら、「リュリュに美しい人生を与えてくれてありがとう!」というメールが来た。表彰状でも出そうな感じ。
リュリュの誕生日は6月1日だそうだ。野良猫なのにどうしてわかるのよ、と思うけど、私のと誕生日と一緒!都合がいいことは信じることにしよう。

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント
リュリュちゃん、終の棲家に迎えられてよかったね~
・・・とお伝え下さい(^^ゞ
なかなかのベッピンさん!!
180ユーロ・・・25000円位かな?
ウ~~~ン。。
カノンは保護主さん宅で4ヶ月過ごし、
その間に猫エイズ、白血病検査、予防注射を終えて
沢山のキャットフード、オモチャと共に我が家にやってきました。
結構厳しい?(まあ当たり前のことですが)譲渡後の飼育条件に賛同の上、
認め印を押して保護主さんに返送しましたよ。
私は連れてきてくださったボランティアのお二人に
お茶とケーキでおもてなししただけです。
これ日本国、関西地方の一例です(^^)
今後の二猫ちゃん、楽しみです♪
おめでとうございます~♪
家族増員、おめでとうございます!
猫の誕生日は確か、乳歯が最初に抜けた日を逆算すると、ほぼ正確に決まるとか…?

6月1日!いい日です。
Re: nana様
ありがとうございます!
誕生日の計算法、知りませんでした。
Re: カノママ様
カノンちゃんもそうやってお宅にたどり着いたんですね。
180ユーロは安いほうでした。そう、猫エイズの予防注射があるなんて知りませんでした。
2匹になってうちの雰囲気が変わり、タマも(顔には出しませんが)喜んでいるみたいです。
すみません、送信したつもりが出来てなかったようです。
猫エイズ、白血病は検査の結果が陰性ということでした。
予防注射は三種混合?を2回したという証明がありました。
書き方がまずかったですね^^;
タマちゃん、リュリュちゃんと仲良く長生きして欲しいですね。
Re: カノママ様
ありがとうございます。
よく考えれば、エイズの予防注射があったら人間がみんな殺到しますよね!
ほんと、元気で長生きしてほしいです。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ