univers impitoyable

あの朝、私がスカートにするかパンツにするか迷わなくて、大切な面接に遅刻しなかったら、今頃どうなっていただろう?「あの時、ああしていたら・・・」は誰もが振り返って思うことだけど、人生は先が読めなくて、巻き戻しもできない。

「NOTRE UNIVERS IMPITOYABLE」(私たちの非情な世界)は、同じ弁護士事務所で働くカップルのお話。2人とも若く美しく、そして深く愛し合っている。ある日、ボスの共同経営者の弁護士が心臓麻痺で急死し、2人のうち1人がそのポストの候補者となる。彼女が選ばれるか、それとも彼なのか・・・?
物語は「あの時、彼が選ばれていたら・・・」「彼女だったら・・・」の2通りを、交互に見せてくれる。どちらにせよ、ライバル意識や嫉妬は隠せず、同じ地位で働いていたときとは大きく違ってくるけど、果たしてどっちの運命がいいのだろう。そして、実は2通りだけではなく、もうひとつの可能性もあるのだ。

タイトルやポスターを見て、「同じ職場で働き、一緒に暮らすことの難しさを描いた映画」と想像していたけど(その難しさは10年間経験した!)、予期せぬ展開で面白かった。まだまだ男性社会である社会背景、女性であることのハンディも織り込まれている。

主人公のアリス・は「LA DOUBLURE」(替え玉)ではトップモデル役を演じた美貌とスタイルだけど、それに気が着いていないような“庶民っぽさ”が魅力。セクシーな初老のボスを演じるティエリー・レルミットもはまり役。軽くて笑えるのに、ちゃんと余韻を残す、お奨め映画です。2月13日に封切りになったばかり。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ