クロアチアを目指す

ギリシャがダメ、チュニジアは危険すぎ、じゃどこに行こう?
「海と太陽があればいいんだろう?」と夫(それは私が島国に生まれたせい、と周囲に言われるけどそうだろうか?)
そこで浮上したのがクロアチアだ。
7-8年前、コルシカ島が高すぎるので「海と景色が綺麗」な代用バカンス地として人気がでた場所。私たちも5年前の夏に行ったけど、アドリア海沿岸をリエカからドゥブロヴニクまで車で南下したので、車に乗っていた時間が長い。
ポルコロッソが昼寝をしそうな小さな入り江や、コバルト色の海が窓から見えて「あそこに行きたい!」のに「夜までに〇×に着かねば!」と走り続けた記憶。なので、今度は滞在型にしよう、と、沿岸の真ん中、Zadar/ザダールに着く便を探し始めた。

行きたい町のひとつ、Trogir/トロギルはアドリア沿岸で一番美しいといわれる。ユネスコ世界遺産。

クロアチア トロギール

この海の碧さ!ダルマチア郡で一番大きな島、Brac/ブラック。やっぱり島が好きみたい。

クロアチア 島

しかし。大幅に出遅れたせいもあって、手頃な値段なのは16時間とか20時間かかる便しかない。まっすぐ飛んだら2時間の距離なのに、どうすればこんなに時間がかかるんだろう?もしかしてプロペラ機?と詳細を見ると、ローマとマドリッド経由で待ち時間が13~18時間。やってらんない。
南アフリカに行く息子の友達は、ドバイの空港(出られない)で35時間待ちとか。35時間って一日半でしょ。そんなら少し高く払っても・・・と思うけど「お金はなくても時間はあるから」かまわないそうだ。

結局、行きはクロアチア航空、ザグレブでトランジットで3時間半。帰りはライアンエアで2時間。2名で約1000ユーロ。
格安便で有名なライアンエアはクロアチア航空の半額以下、でも荷物、飲み物が有料だ(トイレも有料という噂は冗談だった)。主要空港を使わないのも格安テクのひとつで、フランスではボーヴェの空港に発着する。パリまでバスで1時間。
その上、搭乗券をプリントしていかなかったら1人70ユーロ取られる。「搭乗券を印刷するには08xxxxxに電話しろ」とあり、電話すると誰も出ない。音楽が流れ続けるんで、受話器を置いてほかのことをするしかない。格安にできるのはそれなりの理由がある。
ホテルも取らなくちゃ、とまだ前途多難だけど、バカンスの準備は楽しい多難!


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ