クロアチアの島:パグ

パーキングメーターの補充に明け暮れるのは本末転倒だから、車でどこかに行こうということになった。
ザダルに来たのにザダルにいられないというのも本末転倒な気がするけど、セ・ラ・ヴィ。

本土と橋で繋がっているパグ/Pag島。島の大半が植物の生えていない岩で、巨大アザラシが寝そべっているような不思議な光景だ。塩田がたくさんあり、パグの塩は美味しいとか。

クロアチア パグ島

2時を過ぎていたので、ガイドブックに出ていたレストランでイカのから揚げを食べる。当たり外れがなく(1回あったけど)カラリと美味しい。70クーナ=10ユーロ弱。6年前と違うのはフレンチフライで上げ底になってるとこ。フランス人の入れ知恵か?

クロアチア 食事

スペインとか暑い国ではお昼を遅く食べる人が多いので、お客さんはまだいたし、私たちの後から入ってくる人もいた。
クロアチアのレストランの定番は、ピザ、パスタ(対面がイタリアだから)と魚料理。魚はイカ、海老、マグロのステーキもよく出会う。

食べ終わって、ビーチはどこかと聞くと、「あそこの橋を渡ると、右と左に見渡す限りのビーチ」とウエイトレス。“見渡す限り”と言ったかどうかは確かじゃないけど、イントネーションから広いビーチが続いている、と勝手に理解した。
行ってみると、すぐに見渡せる小さいビーチで、江ノ島海岸(久しく行っていないけど)のような混雑。1㎡のスペースを見つけるのに苦労する。

右を見ても・・・
クロアチア パグ島

左を見ても・・・
クロアチア パグ島

「他所を探す?」「めんどくさいから、ここでいいか・・・」と芋洗いビーチでしばし泳いだ。

その後、パグ島を車でウロウロして夜7時すぎ、ザダルに向けて出発する。そう、夜10時~翌朝8時までの駐車無料タイムにぶつけようという魂胆。ところがザダルに着くと、あらゆるパーキングエリアが満車で、場所を探す車がグルグル周っている。
後で知ったことだけど、考古学博物館前の広場で、地元の歌手のコンサートがあるからだ。名前も知らない歌手だけど、夜の暇つぶしにとバカンス客が詰めかけているらしい。
30分以上グルグルしたあげく、町外れにようやく駐車できた。時間は9時半。持っていたコインを入れると、翌朝8時45分まで駐車可能。安心してアパートメントに帰ったのだが、ああ、敵は一枚上手だった。


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ