さらばザダル!

翌朝、町外れに車を取りに行った夫が、真っ青な声で電話してきた。
「車がない!盗まれた!」
「道を間違えたんじゃない?」道はどれもよく似ているし、夜だったし。
「くまなく探したけどないんだ。レンタカー会社に電話してくれないか?」
私の英語は5分もしゃべるとみんな大笑いになるのに、私に振るのね。
盗むはstealで、過去分詞は stolenだったっけ、と思いながらAvisに電話する。
係員は慌てず騒がず、
「レッカーで持って行かれたんじゃないですか?駐車料金払ってなかったんで・・・」
「ちゃんと払いましたよ」
「警察に届けた?」
「いいえ、お宅に最初に電話したんです」と、あなただけが頼り、という情感を込めて言ってみた。
「オペルですよね。ちょっと待ってください」
間もなく「病院横の駐車場で見つかりました。取りに行ってください」
見つかったのは有難いけど、そんなアバウトな情報じゃ・・・「どこの病院ですか?」
「病院はひとつしかないのですぐわかります」 ザ・病院というわけだ。
次にアパートメントの大家に電話して、
「こうこうなんで、10時のチェックアウトを少し延ばしてくれますか?」
次に入る人が待ってるのに、グダグダ・・・と言ってから、大家は、
「じゃ1時間延ばしてあげます。その駐車場は空港行きのバスでひと駅ですよ」
どうやら“その駐車場”は有名らしい。バスを逃した夫がタクシーを拾うと、「あ、あの駐車場だね」と言われたそうだ。

持って行かれた理由は「身障者用のスペースに駐車していたから」。
夫が、絶対そんなドジはしていない、道に大きく画かれているロゴくらいわかる、と抗議しても水掛け論。罰金700クーナ(約90ユーロ)!
同じく車を取りに来たフランス人は、「ホテルの前に駐車し、荷物を取りに行って戻ったら車が消えていた」とすごく怒っていたとか。

ザダルは、この駐車地獄でかなり印象が悪くなった。早く逃げ出そう。
せめて最後によいイメージを、と有名な市場に立ち寄る。

太陽をいっぱい浴びた果物が美味しそう。1kg 14クーナ(2ユーロ弱)の桃を買った。

ザダル市場

大きなラグビーボール型のスイカ。食べたいけど、こんなの抱えて歩けるか・・・

ザダル市場

クロアチア名産のBrebis(子羊のミルクから作られるチーズ)。

ザダル市場

着せ替え人形の服かと思ったら、子供服!

ザダル市場


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






野菜、花、名産のチーズ・・・
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ