世界遺産の町、トロギル

小ヴェニスと呼ばれているトロギルはなるほど美しい町。15世紀の城壁、13世紀の聖ラウレンティウス教会、港には大きな客船が停泊している。石畳の道にはレストランやカフェが並び、海岸沿いはApartmanの看板が続く。

クロアチア、トロギル

6年前に来たときは、道路に「貸しアパートメント」「貸し部屋あり」などのプラカードを持った人が立っていた。それが貸しアパート業としてビジネスになったわけだ。ホテルより遥かに多い。
トロギルで借りたアパートメントには専用駐車場があり、感激で涙が出そうになった。
ホテルより遥かに広く(40㎡)、果物やチーズ、パンを買ってゆっくり朝ごはんが食べられる。電子レンジや洗たく機(どっちも使う機会がなかったけど)もあり、設備もばっちり。一泊75ユーロ。
「ユーロでもクーナでもいいけど、現金で払って」と若い女性の大家。あらら、オネーサン、脱税してるでしょ。ザダルでも「現金で」だった。赤信号、みんなで渡れば怖くない。

海岸まで歩いて5分足らず、でいいことずくめに見えたけど、人間と一緒で長所があれば短所あり:
海岸通りに面しているので、遅くまで渋滞してうるさい。スプリットの空港が近いので、頭上を飛行機が飛んでいく。騒音だけじゃなくてアパートが振動する。でもバカンスだから許そう。
あ、また飛行機・・・
クロアチア、トロギル

この海の色、この透明さ!

クロアチア、トロギル


港の船ウォッチングは面白い。
なぜ船にパンチングボールが?と思ったら、船が岸壁に当たって傷がつかないようにするためだそう。

クロアチア、トロギル

年期の入った漁船。

クロアチア、トロギル

『プリンセス・ダイアナ』という豪華な名前の客船。洗濯物なんか干して、ダイアナが怒るよ・・・

クロアチア、トロギル


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ