三面記事に笑う日

増え続けるシリアからの移民、悪徳な渡し屋(3歳のエイランの写真はヨーロッパを騒然とさせた)、2017年の大統領選しか考えていない政治家たち・・・ため息が出るようなニュースばかりなんで、三面記事を見たらこんなのがあった。

〇モンペリエのハイパーに来た45歳の女性。商品を満載したキャディを押し、閉鎖中のレジのチェーンを外し、払わず、誰にも気づかれずスイスイと外へ。ところが入り口のフォトマトンの横にキャディを置いて、店に引き返す。“盗み忘れた”電化製品2点を持って出ようとしたとき、警備員に見つかった。キャディの商品総額は712ユーロ(約10万円)。
それだけで満足していたら無事(?)関門突破したのに、「もうちょっと」という欲で失敗。そんな格言、ありそうだ。
でもこの女性、ハイパーの警備員たちがいかに何も見ていないか立証したわけだ。その功績は大きい。

〇フランシュ・コンテのヴスールという町で。
6歳の女の子のカルターブル(仏版ランドセル)に10gの大麻を見つけて先生は仰天。すぐ警察に通報した。

cartable_545x460.jpg

事情聴取された女の子は、「おうちに植物がいっぱいあって、ママンが水をやって、葉を切って、パパとママンがタバコに入れて吸ってるの」「?!」
そのママン(31歳)とパパ(34歳)は、大っぴらに大麻を栽培し、娘の前で頻繁に吸っていたらしい。家宅捜査で28本の木と1,3kgの葉が見つかった。執行猶予つき懲役6ヶ月、罰金ひとり300ユーロ、という意外と軽い判決。
両親は「どうして大麻が娘のカルターブルに入ったかわからん」と頭をひねっているとか。もっとほかのことに頭をひねったほうがいいんじゃない?

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ