恐ろしい贈り物

深夜にゲームをしていた息子が2階に駆け上がってきて「ちょっと来て!早く!」
いやな予感。降りていくと、
「リュリュが・・・」
「え、またネズミ ?!」
「ネズミなら自分で対処できる」
「え?じゃ誰を・・・」
「ちょっと見てよ」
恐る恐る台所を覗くと、リュリュが自分の身体より大きい鳩を組み伏せているではない!
私は叫び声を上げそうになって両手で口を押さえた。家中を起こしてしまう。
「もう死んでるみたい」と息子。
リュリュは得意げに私を見上げ、鳩に噛み付いたり、羽で遊んだりしている。瀕死の鳩を見つけて、咥えて窓から入ってきたってこと?
「何とかしなきゃ」
「何とかしてよ、鳥は怖いんだ」
大きな図体してなんと頼りない。
「じゃ、キャッツフード見せて台所の外に連れ出して。その間に・・・」
「その間に?」
「鳩にダンボールかぶせて、もう触れないようにするから」

リュリュはいつもお腹を空かせている猫なんで、息子がキャッツフードをちらつかせると鳩を放り出して出てきた。私は動かない鳩の上にダンボールを-鳩がこんなに大きいとは!-エイヤッとかぶせる。その騒ぎの間、タマは「自分は加担してない」という顔で傍観していた。

私は自称ダンボールのプロ。これはネズミを”捕まえた”ときの図。キャッツフードの入っていたダンボールがネズミにぴったりだった。鳩は写真を撮る余裕なんてなかった。

20150826_114352 (560x315)

リュリュはせっかくの“ご主人への贈り物”が見えなくなって、ウロウロしている。気持ちはわかるけど、こういう贈り物、迷惑なの。その時初めて、台所の床が羽だらけなのに気付いた。コンタクトをしていなかったので(幸い)世の中がぼんやりとしか見えていなかったのだ。
夜中に電気掃除機はかけられないので、ほうきと塵取りで床をそうじする。

こんな可愛い姿で、やることは残酷・・・

リュリュ2

さて、この後どうする?
「僕はできない」「私だって!」
では“死体処理班”に任せよう。

翌朝、夫を呼ぶと「死体処理、終わったよ」という返事。
この連携プレー!持つべきものは、ネズミや鳩が怖くない同居人である。

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
はじめまして
いつも楽しく、拝読させていただいております。
たかこさんの書籍も持っております。 (^^
私も鳥が怖く、触ることさえ出来ないので、深夜の台所で、そのような恐ろしい光景を目にしたら、失神するかもしれません (^_^;
リュリュちゃん凄いことしてくれますね!
私・・・ハトが大嫌いなんです^^;
そういう状況になったらもう卒倒してます。。
幸いなことに「死体処理班」が居てくれるので、
大丈夫だとは思いますが・・・・。
しかしゴキブリに関しては私の方が勇猛な気がするので、
ちと不安(;_;)

この肉球段ボール・・・欲しいなあ(笑)
ひぃーっ!!
飼い猫でも、そんなワイルドな事をするんですかっ?!
ダンボールかぶせられるだけでも、すごいです!わたし、絶対無理。
"死体処理"って、どうするんだろう?ごみ箱に居るって思うだけで、怖い(*_*)
Re: Kyokoさま
本も読んでいただいてありがとうございます。
鳥の羽だらけでまさにホラーな光景でした!
Re: カノママ様
いつもコメントありがとうございます。
鳩は特別きらいでもなかったんですが、それでも怖かったです。
これを体験したらネズミはもう怖くない!かも。

肉球ダンボールはMedicanimalというペット用通販のものです。
Re: まめゆう様
リュリュは7ヶ月くらい野良猫を体験しているので、人のうちで生まれた猫より野生的と思います。
それにしても、自分の身体より大きい鳩をよく連れてきたな、と。ダンボールかぶせるの、勇気がいりました。
死体処理班はビニール袋に包んでゴミ箱に捨てるだけだと思います。詳しく聞いてませんが。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ