猫たちの減量

獣医さんに減量を言い渡された猫たち。まず最初に、5種類のダイエットフード試食が行われ、彼らが選んだのがこの2つ。
Metabolic/メタボリック(代謝)というドライフード。一日50g/一匹
ダイエットキャッツフード
Obesity/オベジティ。ズバリ、肥満、デブという名前のソース入りフード。一日一袋(100g)ずつ。
何が入っているか知らないけど高すぎ:一ヶ月2匹で140ユーロ。早いとこ痩せてもらわないと・・・
ダイエットキャッツフード

これで一日持たせるのはけっこうしんどい。子供たちが「だって鳴くんだもん」とやってしまうので、夜になると一日の配当量が殆ど残っていない。
猫たちはいつもお腹を空かせていて、私たちがご飯を食べていると、テーブルに上がってきてあちこち匂いを嗅いだり、魚を舐めたり・・・猫嫌いのお客さんならひっくり返りそうな光景になる。

海苔まで食べるタマ

タマ

「テーブルの上で待機するしかない・・・」

タマ&リュリュ

人間なら、健康のため、とか美しくなるというモチベーションがあるけど、猫にはないのでかわいそうだ。今まで食べ放題バイキングだったのに理解できない。飼い主を変えようかという相談をしているかもしれない。
あんまりお腹を空かせているので、鶏の胸肉でそぼろを作ってみた。野良猫をやったことのあるリュリュはハグハグと喜んで食べ、タマは匂いを嗅いだだけで立ち去った。

一ヵ月後。「体重を量ってみよう!ママン、抱いて体重計に乗ってよ」と息子が言うので、「じゃ、服を脱がなくちゃ」と言ったらシーンとなった。そうか、引き算すればいいわけね・・・
タマは6,7kgが6,2kgに!500g痩せていた。目標は5kgだからまだ先は長いけどヤッタゼ。
リュリュは逃げ回って捕まらなかったけど、彼は“肥満”までいっていないので、まぁいいか。



ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ