700kgのコカイン事件にサルコジ前大統領が関わっている??と、彼の携帯電話2つ、自宅とオフィスの電話の、1年間の着信/送信が調べられた。これはプライバシー侵害で訴えられかねないから、よほど“疑い”があったはず。
サルコジの一年の通話は膨大な量だろうから、作業も膨大であっただろう。8ヶ月かかって、すべての電話番号とジオロケーション(ユーザーの位置情報)が、2枚のCDに焼かれ“封印”された。そしてコカイン・ジェット事件捜査で現れた電話番号と付き合わされた。結果は・・・・ゼロ。コカインとサルコジを関連付ける通話はひとつもなかった。判事がっくり。

執拗な捜査官は、サルコジが6つの電話番号が頻繁にかけているのを指摘。これらの電話番号をSFRに調べさせたら、結果は、①カーラ・ブルニー、②義理の妹コンシュレオ、③サルコジの広報担当、④護衛の警察官、⑤パートナーの弁護士、⑥TV司会者のアルチュール・・・
つまりニコラ・サルコジは妻と義理の妹と自分のボディガードと仕事のパートナーと友達のアルチュールに頻繁に電話している・・・ギャグのような捜査結果。

しかし転んでもただでは起きないのが捜査官。サルコジは過去3回、コカイン・ジェットと同じ会社のプライベートジェットを利用している:カタール、アブダビ、アメリカのテターボロ。

サルコジ元大統領

その費用、合計30万1000ユーロ(約4千万円)を、LOV groupeという企業に払わせている。つまり横領罪の疑い。この件はマルセイユからパリの裁判官に託された。

記事を最後まで読むと「なーんだ」と思うけど、プライベートジェットの値段とサルコジが愛妻家であることはわかった。

政治家にしては珍しく髪を染めていない。このほうが知的で経験豊かに見えるという計算から、という噂。

サルコジ元大統領

それにしてもベタンクール事件(2007年の大統領選挙の不正献金をもらった)、ビグマリオン事件(2012年の選挙資金の偽造申告)などで事情聴取や勾留までされたサルコジが、楽勝で共和党/Les Républicainsの党首になり、次期大統領候補でもあるというのは不思議だ。
政治家は“灰色”だけど、彼の場合、かなり黒に近くない?

ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
コメント
プライバシー
でも、彼の電話先を新聞記者に喋る捜査官も問題だと思うけど。フランスの内務省って戦前の日本の特高警察に似てない?大丈夫かな。
Re: プライバシー
結局、捜査で怪しげな通話はみつからなかったから話したんでしょうか。サルコジがプライバシー侵害で訴えると思っていたら、そういう話は聞きません。
サルコジは、ベタンクール、ベルナール・タチ、ビグマリオン事件などで疑われ、事情聴取、拘束までされているのに、証拠不十分で逃げきっています。判事側も何とか尻尾を掴みたいのでは。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ