アイルランドで初めて同性の結婚
カトリックの伝統が根強いこの国ではなんと1993年まで同性愛が処罰の対象だった。異例の国民投票で「同性の結婚」が大多数の賛同を得てから6ヵ月後、11月15日に複数の同性カップルが晴れて結婚。

ギニアで最後のエボラ患者、回復
生後3週間の女子(母親は死亡)のエボラが回復。今後、発病者がいなければ、42日後(ウィルス最大潜伏期の2倍)にギニアでの“疫病の終わり”が発表される。少なくとも29000人の発病者、11300人の死者を出したエボラ、感染者の99%が西アフリカのギニア、シエラレオネ、リベリアに集中した。

花咲爺さんスイス版
スイスの北、桜が植えられた果樹園で、野菜栽培をしているオジサンが土を掘ったところ、金貨がジャラジャラ!紀元3世紀、つまり約1700年前の古銭は、素晴らしい保存状態で、貨幣に刻まれている絵柄まで識別できるとか。犬が「ここ掘れワンワン!」と教えたかは不明。

チンパンジー、実験台を退職
98%人間と同じ遺伝子を持ち、一番私たちに近いチンパンジーは様々な実験台に使われてきた。このほどアメリカで“絶滅の危機にある種”の仲間入り、少なくともアメリカでは実験台にされなくなる。さてフランスは?ブリジット・バルドー、立ち上がれ!

野生に帰るパンダ
2歳の雌ジャイアントパンダ、Hua Jiaoが四川省の自然保護区に放された。2012年には同じ親を持つTao Taoもこの地区に放されたので、姉妹の再会?動物は、絶滅の危機にあるほうが得、というパラドックス。

ジャイアントパンダHua Jiao
photo:AFP

ボージョレ・ヌーヴォーは当たり年
お祭り騒ぎをする気分ではないパリで、ボージョレ・ヌーヴォーは19日、ごくひそやかに解禁され、気付かなかった人が多い(私もそのひとり)。カフェ、レストランにいつもの「Beaujolais nouveau est arrivé !」の貼紙も見られなかった。聞くところによると、夏が暑かったのでコクのある味だそう。

リヨンのボージョレ樽ころがし風景

ボージョレ・ヌーヴォー解禁

13日以前、ニュースで毎日のように報じられてきたカリム・ベンゼマの恐喝容疑(マチュー・ヴァルブエナを、夫妻のセックスシーンヴィデオを公開すると恐喝した)や、コカイン・ジェット事件はすっかり押しやられた。当事者たちはほっとしているかも。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ