すっかりオイル漬けの理由

ずっと化粧水かセラム→クリームのケアが主流だったとこへ、ここ数年、色々なコスメブランドがオイルを出し、『神々しいオイル』とか『驚異的なオイル』という名前をつけて競っている。なぜ今、オイルが人気なんでしょうね・・・

一番古いケア
紀元前6000年、エジプトの女王、ネフェルティティやクレオパトラが既に使っていた、ということは太古の昔から肌への効用が証明されている。古代ローマの博物学者、大プリニウスは、アーモンドオイルがシワを防ぐと絶賛していた。
近代では1920年代にヴェレダがマッサージオイル、50年代半ばにルネ・フュルテレールがヘアオイルを出した。その後、しばらくクリームの全盛期が続く。

少量&簡単
湿った肌に3滴で十分、というふれ込み。顔の面積にもよるだろうが、使ってみるとなるほど数滴で顔中をカバー。肌が薄い膜に包まれたような感じで、その後、何もつけなくていい。めんどくさがり屋向き。遅く帰って、ローション、セラム、クリームなんかやってられるか、という時にも嬉しい簡単さ。

べたつかない
最近のオイルは成分と製法の違いで、よりリキッド。ドライオイルと謳っているようにつけ心地がサラッとしている。何が違うかというと、ミネラルオイル(鉱油)を使っていない。ミネラルオイルの代表はワセリンやジョンソンのベビーオイル。毛穴を塞いでしまうそうだ。そこで植物油。クラランスは、はしばみオイル、ランコムはアプリコットオイル(アプリコットに油分があったの?)、コーダリーはブドウ種子・・・これらのオイルの脂肪酸が肌に効く。

最初は試供品で時々使っていたのが、今ではすっかりオイル漬け。
個人的には、顔、髪、ボディに使える万能オイルより、顔専門のオイルのほうがいいような気がする。
今、毎晩使っているのは、ドゥース・アンジュヴィヌのマニフィカ。加熱せず(脂肪酸が壊れない)“一番絞り”の美容液オイル。香りがよく、これ一本ですむので高めだけど経済的。

さて(大好きな)ピンきり:
Guerlain/ゲルラン オーキデ・アンペリアル
デトックス&皮膚蘇生。ウォーター層とオイル層に分かれた美容液。120ml、195ユーロ
高すぎ。

ゲルラン、オーキデ・アンペリアル

資生堂 フューチャーソリューション LX
名前の通り、エイジングケアの最新テクノロジー。75ml、150ユーロ(日本価格は税抜き15000円)
資生堂フューチャー・ソリューションLX



Body Shop オイル・オブ・ライフ
ボディ・ショップのフェイスケア。メイクを落とした後すぐ使う2層オイル。160ml、16ユーロ
ここまで安いとちょっと考える・・・
ボディ・ショップ、オイル・オブ・ライフ

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村











スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ