9日の水曜日、主催者発表で50万人、警察の数字は22万4000人の全国デモ。主旨は労働法の改正案に反対。

パリ、レピュブリック広場

労働法改正案反対デモ、パリ

デモには大学生・高校生も目立った。

労働法改正案反対デモ

2日後、ヴァルス首相は学生組合代表と話し合いをするが、学生側は法案の撤回を求めて平行線・・・
確かに労働法改正は、これから社会に出て行く学生たちに最も関わる。でも高校生が法律改正案に反対デモなんて、日本じゃ考えられない。私が高校生のとき、法律なんて別世界の出来事だった。

デモで意思表示をすることがインパクトを持つ(オランド大統領&ヴァルス首相が改正案の改正に頭をひねっているというから)・・・よく考えると、これが民主主義ではないかと。そして、国民が不満を持っていても諦めてはいない、ということ。

ところで、労働法改正案とは、何を改正しようとしているのか?

〇徒弟(見習い)の労働時間
現在、18歳以下の徒弟(古い言葉!)は、一日8時間、週35時間以上働かせてはいけない。労働基準監督官と医師が特別認めた場合だけ、一日10時間、週40時間まで延長できる。

労働法改正案では、労働基準監督官と医師の許可が必要なくなる。労働時間は改正前と同じ。

*フランスの職業学校の多くは、仕事の現場での“実践”と学校で勉強する“理論”を組み合わせている。例えば、2週間学校、2週間見習い。

〇社員の労働時間
現在、一日10時間を越えてはいけない。会社の仕事増大の折、『一時的に』12時間まで働いていい。

改正案では、『一時的』が削除され、恒久的に10時間以上働かせていい。サラリーマンは拒否できない。

〇残業手当
現在、原則的に、残業手当は最初の8時間+25%、それ以上は+50%支払われる。が、会社と社員間の合意で、最低+10%まで下げられる。残業手当は年内に支払われなければならない。

改正案では、会社は社員の合意なく、残業手当を+10%まで下げられる。残業手当は3年以内に支払われればいい。

〇解雇保証金
現在、不当に解雇された会社員は、解雇保証金に加えて、プリュドム(解雇による係争の裁判所)の保証金(最低6か月分の給料)を得ることができる。

改正案では、解雇保証金は変わらないが、プリュドム保証金に上限が設けられる。

〇雇用者側:CDDの税金値上げ

CDD(セーデーデー)、CDI(セーデーイー)は日常の会話でよく聞かれる言葉。前者は、期間限定、後者は期間不確定の雇用契約。
現在、不況を反映して、契約の80%がセーデーデー。つまり「あと〇ヶ月後に契約が終わる。その後は仕事がない」という不安定な社員が多い。

改正案では、CDIを増やすため、雇用者が払うCDDの税金を高くする。
・・・が主旨。

就業時間をちょっとでも長くしようとすると大騒ぎになる。この国で、仕事は美徳ではではなく、遊び、余暇は同じくらい大切、は私も賛成だけど、かってない不況の時代。ひとりひとりがそのあおりを受け入れててもいい、という気もする。
ただ法律で決まってしまうと、後で変えるのが大変だしねぇ・・・
いずれにせよ、組合側は月末にまたデモを予定している。

同じ日にSNCF、RATPなど鉄道関係も間引き運転のストをしたけど、これは改正案とか関係なく、いつもの賃上げ要求だった。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ