猫、春を探す

うちのアパルトマンは建物の地上階にあるので、エレベーターを待ったり階段を使わずに済むから出やすい。ということは、入りやすい。つまりドロボーにとって入りやすい。現に数回入られた。

もうひとつの難点は太陽の光が入らないこと。それでも春分の日が近くなると、午前中、床に陽だまりができる。

あ、春になった!と私たちより先に気づくのが猫たち。

猫のリュリュ

この陽だまりが日ごとに大きくなっていく。今はまだこのサイズ・・・
どいたどいた!ぼくの番

猫のタマ

タマはここにも陽だまりをゲット

猫のタマ

「ここもあったかい」「リュリュ、花瓶倒したら怒るよ!」

猫のリュリュ

地上階は猫たちにとっても“外出しやすい”。娘曰く「しつけのいい」タマは、外で用足しをする習慣だけど、風の冷たさにすぐ駆け戻ってくる。
春までもう少し・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ