東京駆け足日記

InDesignでイラストを描いたり、ギャラリー巡りをしたり、そして何より、親切でユーモラスな“先生”に出会い、娘の研修は順調だ。“日本の伝統文化を体験する”ために、日本舞踊まで体験させてもらった。
夫と息子に写真を送ったら、「なんでイラストの研修でダンスするんだ?」

日舞

月曜日、娘はシェアハウスに引越しをする。大きなスーツケースとともに中野坂上へ。駅からサクラハウスまで、スーパーやローソンやジョナサン、サイゼリアまである。
もう2件のジョナサンに行った娘は「東京ジョナサン巡り!」とはしゃいでいる。

それもサクラハウスに着くとしぼんだ。建物は写真より古びて(当たり前か)、個室の扉が並んだ廊下は、「監獄みたい」と娘。
部屋にはベッドと机、スチールの戸棚、そんなに小さくないし、そうじされているけど「なに、この匂い?」

サクラハウス

私にはかび臭い匂い、だけど娘には「汚い靴下の匂い!」
共有のキッチン・食堂に行くと、シンクに汚れたお皿が積み重なっている。アララ・・・
娘も私もかなりめげた。

その夜は友達と食事をする約束で、前にも行った飯田橋の和食のお店を予約してもらった。
“ちょい干し”のお魚や、とびきり美味しい野菜を炭火焼にして食べさせてくれる。最初に行ったとき感激したので、拙筆の本にも登場するお店。食べ物で機嫌が変わる娘はたちまち元気になった。
ちょうど友達が本を持っていたので、食事の終わるころサービスの女性に「ここに出てますよ」と。
彼女は「ちょっと見せてきます」と厨房に引っ込む。
私たちは、もしかしてデザートのサービスがあるかも、とヒソヒソ話していたら、女性が戻ってきて、
「店長、喜んでいました」
それだけ。
世の中、そんなに甘くない。

10日間はすごいスピードで過ぎていく。友達と別れるとき必ず言われたセリフは、
「今度は飛行機間違えるんじゃないよ!」(ウルサイわね)

追伸:日曜日、豊洲ららぽーと紀伊國屋に来てくださった方たち、ありがとうございます。直接お目にかかれて嬉しかった!

何を言おうか考えてる顔・・・米澤よう子さんと。

写真 (7) (560x420)


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
どちらの女性が長谷川さんですか?
無沙汰しております。
 日本への帰郷兼、子供さんの研修旅行への付き添い日記も、此処まで遡及して読了しました。

 文末の説明に関する質問です。書店の中で机に向かい、椅子に着席した女性は2名。これからサイン会ですか?
 ただ、どちらの女性も「何を言おうか考えてる表情」に見えるのですが-----。
 右側の袖無しワンピースの女性が、気難しそうで理屈っぽく見えるので、こちらの青い服の女性が長谷川さんですか?多分そうだと思うのですが、一応、確認してみます。
 お元気で。
コメントの投稿
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ