Category : フランスの男と女

元大統領の熱烈な恋文

1996年1月、フランソワ・ミッテラン大統領のお葬式に、隠し子マザリンとその母親アンヌ・パンジョが参列した。
左から本妻ダニエル、息子ジャン=フランソワ、マザリン&アンヌ・パンジョ、息子ジルベール

ミッテラン元大統領、愛人げの恋文
photo:MAXPPP

元大統領に愛人がいたことは既に公然の秘密。なにしろ32年続いた関係。その間にミッテランがアンヌに送った1218通の恋文『アンヌへの日記』(『アンネの日記』ではなく!)がガリマール社から出版される。

2人が最初に会ったときフランソワ・ミッテランは45歳、アンヌは18歳!ニエーヴル県会議員だったミッテランはアンヌの両親と知り合いだった。
間もなくアンヌはバカロレアを手にパリへ。「結婚する前に装飾関係の仕事につきたい」
パリに親戚のいないアンヌの世話をミッテラン夫妻が申し出る。2人の恋物語が始まったのは63年、ミッテラン47歳、アンヌ20歳。
『アンヌは私の喜び、私の恩恵、私の希望・・・私の人生に彼女が占める場所の大きさにしばしば驚く』と64年の日記。冷徹で専横な政治人間だったミッテランの知られざる顔、“恋するフランソワ”・・・

「予期しないことだった」とアンヌ。ミッテランは妻ダニエルと別れる気は毛頭なく、アンヌは愛人になる。
「政治的キャリアと家族の大切さのため」とミッテランの友人たちは言うが、アンヌは
「彼はダニエル(妻)を選ぶと決め、彼女を絶対見捨てなかった」
アンヌは日陰で生きていくことを受け入れるが、経済的に自立したかった。
彼女は美大に行き、美術館学芸員の資格を取る。数年後、彼女は19世紀の彫刻の専門家となる。

ミッテランの愛人はアンヌだけではなかった。でもアンヌにとっては「後にも先にも彼だけ。一人の男性を愛し、尊敬するのは最大の幸せ」
それだけに81年ミッテランが大統領になったとき、彼女は“関係の終わり?”と心配した。ところが逆に大統領はセーヌ河岸Quai Branlyにアパルトマンを借り、アンヌとほぼ毎日会うようになる。
大統領は2つの家族の間を行ったり来たり:週末とクリスマス、ロマンチックな夕食はアンヌと、友達との夕食、公的外出、新年はダニエルと。
アンヌは離婚を迫ったことも浮気を咎めたこともない代わり、「子供が欲しい」。
ミッテランは愛人の“唯一の願い”に折れ、1984年にマザリンが生まれる。当時、2人の関係を知っているのはごく近しい人だけだった。

86年、オルセー美術館開館式で。ジスカール・デスタン、ミッテランを案内するアンヌ(赤い服の背中)。ミッテランの熱い視線!

ミッテラン元大統領、愛人げの恋文
photo:AFP

フランスの歴代大統領にはみんな愛人がいて、それは当たり前どころか“男の勲章”。それにしても大統領になった途端、妾宅を設けて二重生活を始めるなんて・・・(続く)

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


子供の知能は母親から!

・・・ではないかと日頃から感じていたけど(!)この度、科学的に立証されたんだと。
アメリカの専門誌『Psychology Post』に発表されたとこによると、それは遺伝子の問題(そのぐらい言われなくても):女性はX染色体を2つ持っているけど男性はひとつしかない(お気の毒に)。知能はこのX染色体の中にあるという。
もうひとつ、1994年から13~22歳の子供の行動を調査した結果も、子供の知能程度は、母親の知能指数により影響される、という結果だそうだ。

子供の知能は母親から
Dorce et Gabbanaのデフィレ

フランスのお父さんはよく「うちの子供、知性は僕から、美しさは母親から受け継いだ」といい、おだてているように聞こえて実は自慢しているんだけど。娘が聞いたら「差別的発言!」と怒るであろう。

Elle.frに出た記事は「もちろん、他の要因:環境、愛情、知能の発達を刺激する遊び・・・もある」と認めつつ「女性は笑い、男性は歯ぎしりする」結果と言っている。
でも・・・よく考えると“諸刃の剣”だ。子供の成績がいいとか試験に受かったときは「ほら見ろ」と笑っていられるが、その逆の場合は、父親が「やっぱり」とほくそ笑むことに・・・
現に、子供が悪いことをしたとき、父親は「君の息子(娘)は・・・」、母親も「あなたの息子(娘)ときたら・・・」と相手のせいにするくらいだから。

せっかく科学的に立証されたけど、あまり大声で言わないほうがいいみたい。大体、自分の知能指数なんて覚えていないし。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


「去年の9月から、ひとりの男を待つ以外、私は何もしなかった」で始まるアニー・エルノーの小説。
自分の生きたことをもとにフィクションを書く作家だから、主人公は彼女自身。中年女性の“私”は、あるヴェルニサージュで、在仏外交官の男性と出会い、関係を持つ。それ以来、“彼が電話してきてうちに来るのを待つ”以外のことは意味を失った。

彼女は以前のように、スーパで買い物し、食事を作り、本を読み、レポートの添削をする(彼女は大学の先生)。でも心はここにあらず。出かけても、彼の電話を逃したら大変、と大急ぎで帰ってくる(まだ携帯電話がなかった!)
結婚している彼は、夕食や出張をでっちあげて時間を作り彼女に会いにくる。次の逢瀬はいつかわからない。彼が来たあとは、その余韻や抱擁や言葉を糧に生きる。彼の国のニュースを新聞で読み(彼は外国人)、次に会ったとき言うことをメモし、服やメイクを選び、彼の好きなウィスキーや食べ物を買い、次は、最初にどこでセックスするか想像する・・・

心も身体もその男のためだけに生きていた時期、激しい情熱とそれに伴う苦痛が、全然メロにならず、淡々とした文体で綴られる。最初読んだときは、Passionとは、喜びと苦痛が表裏一体になっていたんだ、と実感し、この夏読んだときは、
『子供の頃、贅沢とは毛皮のコート、ロングドレス、海辺の別荘だった。後に、知的生活を送ることが贅沢と信じた。今では、誰かへの情熱を生きるのも贅沢ではないかと思える』
という最後にはっとした。

『Passion simple(シンプルな情熱)』(1991年)当時

アニー・エルノー『シンプルな情熱』

今は75歳。先日亡くなったソニア・リキエルのニットをよく着ている。

アニー・エルノー『シンプルな情熱』

地方都市で食料品店を営む夫婦のもとに生まれたアニー・エルノー。両親は学歴がなく本も読まないのに突然変異で、文学少女から近代文学の教師になる。その傍ら小説を書きだした。父親、母親のこと、娘時代、恋愛遍歴・・・フランスでは、新作が出れば必ず話題になり、本屋で平積みになる人気だけど、日本ではあまり知られていない。この『シンプルな情熱』は角川から出たけど、絶版になっている。残念。70ページ足らずで、それこそシンプルなフランス語なので、お試しください。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



いずこも同じ、夫婦喧嘩

義弟のジャン=ルイの奥さんマルティーヌはかなり口うるさい。
車に乗っているときは、
「速く走りすぎる」「しゃべりすぎて危ない」
(ジャン=ルイは車好き、運転が上手いので有名)
食卓では、
「飲みすぎるな」「自分ばかり飲んでいないで人にもワインを注げ」
話に夢中になってジャン=ルイが椅子を揺すれば、
「椅子が壊れる」
大声で笑えば、
「近所迷惑だ」
(お隣さんはかなり離れている)
ジャン=ルイが出かけるときは
「車のカギ持った?お財布は?」
「やめてくれ!子供の時、出かける前に『オシッコした?』と言われたのを思い出す」
時々、ジャン=ルイがキレて大声を出す。元弁護士が怒鳴るとかなりの迫力、でもマルティーヌはビクともしない。日常茶飯事で“犬も食わない”。
10分後には仲良く話している。長く一緒に暮らしているカップルはみんなこんなモンだ。ウチと同じパターンの口喧嘩もあって可笑しくなる。夫婦喧嘩はちょっと距離を置くとユーモラス、子供たちが心配しない訳だ。

お隣の中庭に住んでいる野良猫。毎日ご飯をせがみにやってくる。
マルティーヌは「居つかれると困る」と反対だけど、この可愛さ!ご飯をやらずにいられない。

フィジャックの野良猫

地元で有名なフィジャックのブロカント。
ブロカントと聞くと目が輝くが、探しているものは-植木鉢やオブジェを飾れる梯子!-は見つからなかった。

フィジャック、ブロカント

フィジャック、ブロカント


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村







「先週、友達からびっくりする電話がかかってきたんだ」とアダム。「『奥さんの心臓の鼓動を日本のTeshimaで聞いたわよ!』って」
アダムはかって同じオフィスを共有していたこともある友達、親友だ。
「なにそれ?」
話は2010年に遡る。グランパレでクリスチャン・ボルタンスキーというアーティストの展覧会があった。“人類の限界と記憶の重要性”を追求しているアーティストで、タイトルは『運命と避けられない死について』。聞いただけで胃が痛くなりそうなエクスポに、2人は行ったわけだ。

グラン・パレ、クリスチャン・ボルタンスキーのエクスポ

ボルタンスキー、グランパレ

その一画に「あなたの心臓の鼓動を録音しましょう」というのがあり、アダムの奥さん(イヴじゃなくて)カリーヌは面白がって録音した。
日本に行っていた彼らの友人が、たまたま瀬戸内海の豊島(てしま)に行き、美術館に入り、カリーヌの心臓の鼓動を聞いた、という美しい偶然。でも、なぜパリで録音された心臓音が、豊島まで運ばれたんだろう?豊島は“瀬戸内海に浮かぶ食とアートの島”だそうだ。

ここが「心臓音のアーカイブ」

豊島 心臓音のアーカイブ
photo:youtube

さらに偶然は、その数日後に、アダムはアメリカの作家のこんな短編を読んだ:心臓移植手術を受けた男性が、退院後ドナーの妻に会いたいと思った。彼女は躊躇ったあげく承諾し、2人は公園で会った。当たり障りのない会話の後、ドナーの妻が「ひとつお願いがあります」
「なんでしょう?」「“あなた”の心臓の音を聞かせてください」
男はシャツの胸を開け、妻はそこに耳を当てて心臓音を聞く。そして2人は泣き出した・・・

すごいメロじゃない。
アダムはこの短編を読んでなお更、カリーヌの心臓音の話に感動したそうだ。
「2017年に一緒にTeshimaに行かないか?」
奥さんの心臓音なら毎日でも聞けるじゃない、という言葉がでかかって、5年前に娘とその友達と行った四国が蘇った。今まで行った地方の中で、一番印象に残っている場所。
「今年は旅行しすぎたんで、来年は大人しくすることにして2017年・・・」とアダム。
心惹かれた。カリーヌの心臓音を聞きに豊島に行こうか・・・


ランキングに参加しています。お気に召したらクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ