Category : ニュース

Photoshopし過ぎ VS 証明写真

決選投票まで後10日。マクロンとルペンが新しい選挙ポスターを公開。

エマニュエル・マクロンVSマリーヌ・ルペン

マクロン「共にフランス」、ルペン「フランスを選ぶ」
エマニュエルが(やっと)微笑んだ、マリーヌは座った、のはいいけど後者のポスターにツイートの嵐。
「笑っちゃうのはPhotoshopの使い過ぎと、イケアのショールームのような本棚」
「マライア・キャリーとPhotoshop競ってない?」
「顔をいじりすぎてボディと全然釣り合ってない」

「Photoshop前」

マリーヌ・ルペン

「これ、Photoshopの宣伝?」

マリーヌ・ルペン

と“修正しすぎ”に集中している。

マクロンの方は「証明写真みたい」
「マネしてない?」
1988年のジャック・シラクの選挙ポスター

1988-presidentielle-la-france-ensemble.jpg

さて、これは第一次投票で各市町村トップの立候補者。フランスの6角形が東(ルペン)と西(マクロン)に真っ二つ。パリは“ルペニスト”(ルペン支持者)に囲まれているんだわ・・・

仏大統領選一次投票結果、地域別


決選投票でマクロン圧勝みたいに言われているけど、この予想は危険だ:
〇5月7日に向けてすぐアグレッシヴな選挙運動を開始したのに、マクロンは悠々としていて出遅れた。
〇フィヨンと並んで19%を獲得したメランションは「マクロンに投票せよ」の支持を出さなかった。支持者の21%がルペンに入れるという予想。
〇ルペン牽制のためマクロンに投票すべき人たちが「私が入れなくても勝つ」と、棄権か白紙投票をする。

だから油断はできない。周囲に多いメランション支持者に「ルペンになったら日本に強制送還されるかも。政策に賛成できなくてもマクロンに入れて!」と叫んでいるワタシ。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


第一次投票開票の夜、エマニュエル・マクロンは支持者で沸き返るミーティング会場のステージに、妻ブリジットと現れた。
家庭も仕事も捨ててマクロンと一緒になった、24歳年上の彼の高校教師

エマニュエル&ブリジット・マクロン

「彼女なしに今日の僕は考えられない」

エマニュエル&ブリジット・マクロン
photo:Closer

「まだ大統領になってないのに・・・」と思ったけど、果たしてこのシーンは、翌日色々言われることに。

これまで一次投票でトップになったからと、マダムと手に手を取って支持者たちの前に現れた候補者はいなかったそうだ。
「2007年、ニコラ・サルコジは一次投票も決選投票もひとりで現れた。セシリア(当時の妻)が出てきたのは、勝利の後、コンコルド広場でもお祝いの時」
でも当時、彼らは事実上別れていて、サルコジが拝み倒してセシリアに来てもらったんだから、ちょっと比較にならない。

さらに遡って2002年、ジャック・シラクもマダムが現れたのは当選後、大統領として初めての演説のときだ。
フランソワ・オランドの当時の彼女、ヴァレリー・トリエルヴェレールは決選投票の日、一日中一緒でバスティーユ広場での深夜のお祝い(私も行った!)も寄り添っていた。でもあくまで当選したときだ。

だからこのシーンは「かなりびっくり」とメディア評論家。「この段階で、カップルで現れるべきではない」

さらに、この後、側近たちとモンパルナスのレストランへ。警察に護衛されて夜のパリを走るマクロン夫妻の車をカメラが追っかける。これを見て、2012年、勝利の後、サルコジがシャンゼリゼのフーケツで開いた晩餐会を思い出した人は多い。富豪の大企業社長がずらり(長者番付から選んだ?)と招待された晩餐会は、サルコジの“お金持ち好き”を露わにして、延々と非難されることに。

だから、フーケツほど高級レストランじゃなくても、長者番付から招待していなくても、「レストランに繰り出すべきではなかった」とFrance Infoの政治評論家。

エマニュエル・マクロンが政治運動グループEn Marche !を立ち上げたのは僅か1年前。“政治経験のない若造”が大統領候補になり、決選投票に残るなんて、誰が予想しただろう?
国民の長年の不満と不安の表れとも言える。
23日夜の行動は、政治経験のなさか、あるいは因習にとらわれないのをアピールしているのかも。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



今夜は眠れそう

アンケート結果がどうであれ、予期せぬ出来事の多い今日このごろ。私は一日中ドキドキで何も手につかない。
ので、朝市で買ってきた野菜を切り、大鍋でラタトゥイユを作った(こんなに作って、誰が食べるの?)
日曜日は映画に行くのが習慣だけどその気にもなれない。

投票所のひとつ、ヴォージュ広場の小学校。右の門はヴィクトール・ユーゴー記念館

仏大統領選、一次投票

仏大統領選、一次投票

11人の立候補者全員の名前の紙が前もって郵送され、その中から一枚投票箱へ。間違えたら大変!
2枚入れたら無効になる。

仏大統領選、一次投票

夜7時、夫がベルギーのニュースを見て「マクロンがトップ!」
フランスのメディアは8時まで何も言ってはいけないので投票率を繰り返している:76.2%
「ベルギーのメディア、どうやって知ったの?」
「どっかの投票所の外で待ち構えてて、出てくる人に誰に入れたか聞いたんじゃない」
「それで比率を出したってこと?ムムム・・・」安心できない。

7時半頃から娘の友達が、2人、3人・・・ビールを持ってやってきて、うちは再びユースホステルに。
投票所は夜7時、大都市は8時に閉まり、閉まる15分前から開票を始め、1時間で終える。フランス人も急ごうと思えば急げるということ。
大晦日のようなカウントダウンの後、8時きっかりに算定数字が出た。
エマニュエル・マクロン 23.7%
マリーヌ・ルペン 21.7%
ジャン=リュック・メランションとフランソワ・フィヨン、ともに19.5%
ブノア・アモン 6.2%
と、アンケートにかなり近い数字で、私は深く安堵した。
11時半にはマクロン23.9%、フィヨンがメランションを抜いて20%。自称“清く正しい”、実は私腹を肥やしていたフィヨンがなぜここまで ?! という苛立ちは残るけど、2次投票で「自分の支持者はマクロンに入れるよう」呼びかけたので、ま、いいか。
惨敗のブノア・アモンもマクロン支持。
今夜は眠れそう・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




21日金曜日の午前零時から、すべての選挙運動、立候補者のメディア出演、アンケート調査が禁止になる。その後投票開始の23日(日)午前8時まで、嵐の前の静けさ。

禁止になる前、シャンゼリゼのテロ後に行われた最後のアンケート調査(2500人対象)では:
エマニュエル・マクロン 24.5%
マリーヌ・ルペン 23%
フランソワ・フィヨンとジャン=リュック・メランション 19%
ブノア・アモン 7.5%

仏大統領選 立候補者

焦点はEU離脱かEU団結か?そしてテロ・安全対策。
シャンゼリゼのテロが、マリーヌ・ルペンとフランソワ・フィヨンを有利にするだろうか?
その前に未然に防げたテロ計画(容疑者はマルセイユで逮捕)は、フィヨン、ルペン、マクロンを狙っていた疑い。特にフィヨンの日程を詳しく調べていたのが家宅捜査でわかった。これを聞いたメランションとアモン支持者は「(未遂に終わって)惜しかった!」
私に選挙権があれば・・・マクロンですね。だってどう考えても、アメリカや中国を相手に、ヨーロッパの国がバラバラになって太刀打ちできるわけがない。自国閉鎖志向は自殺行為と思うからだ。

さぁどう出るか?アンケートが当たってほしい。
「早く明日の夜になってほしい」と夫はさっさと寝てしまった。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村







「フランスで極右が政権を握ることはありえない」「二次投票でルペンは勝てない」という予想。一方、ブレキシットもトランプも予想が外れ「まさか」の結果になった。
「ルペンは勝てない」に「選挙までこれ以上テロがなければ」という条件をつける意見もある。確かに言えている。

そこへ20日夜、シャンゼリゼ通り102番地当たりに車で乗り付けた犯人が、警察のミニバスに向けて発砲。警官ひとりを殺し、走りながら他の警官に発砲しようとしたところ銃殺された。警官2人が負傷、うちひとりは重症。旅行者(女性)が軽傷。
「警察官を狙ったテロ行為」と発表があり、間もなくISの犯行声明があった。

パリ、シャンゼリゼのテロ

ようやく旅行者が戻ってきて、このまま何もなければいいと思っていたところへ、日夜警戒に当たっている警察官が狙われるとは・・・

さてマリーヌ・ルペンが掲げるテロ対策は:

マリーヌ・ルペン

〇イスラム原理主義と関係のあるすべての外国人を追放。
〇内務相が目を付けた過激派モスケを閉鎖。過激派の集会場所、人物への外国融資を禁止する。
〇イスラム原理主義と関係のある組織を解散、禁止。

・・・と、なるほど適切な対策に聞こえるけど、懸念されるのは「滞在許可証、ヴィザが取りにくくなる」「フランス国籍が取得できない」と、その対象と範囲がだんだん拡大してくことだ(ぜったい拡大する・・・)

もう一人、フランソワ・フィヨン。

フランソワ・フィヨン

〇テロ組織に近い外国人の入国、滞在禁止。
〇シリア、イラクに行ったフランス人から国籍はく奪。
〇宗教的集会所の閉鎖に関し、知事の権限を広げる。
と、けっこうルペンに近い。

支持率(投票意思)でトップに並ぶのがマリーヌ・ルペンとエマニュエル・マクロン。
心配は、ルペンに投票するという人は「彼女の人物・政策に共鳴」が60%を超えるのに対し、マクロンは「人物・政策より、ルペンを押さえられるのは彼だけ」という理由で投票する人が半数近い。つまり浮動票。
もし万が一、二次投票にルペンとフィヨンが残ったら「白紙投票」「棄権する」人が増え、その場合“極”のつく党派が強いことになっている。ますますヤバい。

シャンゼリゼのテロ犯人はフランス人39歳。警察官殺害を企てている疑いで2月に逮捕され、証拠不十分で釈放されている。

翌日の今日、偶然のようにこの2人が現政府バッシング。マリーヌ・ルペンは「司法当局の無能さ」を訴え、すぐに国境を封鎖し(!)fiche S(捜査対象者のリスト)の人物をすぐに国外追放すべき、と叫んだ。
すかさずベルナール・カズヌーヴ総理は、「惨事がある度にそれを利用して、国民を操り、分割しようとする」と、名指しでルペンを批判。よく言った!


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ