Category : 映画
エミリーは有能な人事課長。“殺し屋”と呼ばれるほど、感情を挟まない人事は上司から評価され、彼女も自分の能力に自信を持っていた。だから、部署を変えてほしいとつきまとう中年社員も、彼女は取り合わず一日伸ばしにしていた。

その社員が会社の窓から飛び降り自殺してしまう。社員は大きなショックを受け、労働監察局が事情聴取に来る。
「奥さんと別れ、鬱状態だった」会社は責任を回避したいが、
「職場で自殺している。メッセージは明らかです」と監察局。

社長(ランベール・ウィルソン)がエミリー(セリーヌ・サレット)を採用したのは、あまり有能でない中年過ぎの管理職の一部を“排除する”ためだ:解雇すれば会社にお金がかかるので、自ら辞めるように追いつめる。

映画『Corporate/コーポレート』

能力、採算性だけが問われる非人間的な世界で、その“掟”に従っていたエミリー。
いつも真っ白なシャツ-車の中でシャツを着替え、デオドラントをつける-男社会の中で完璧であろうとしたエミリー。

監察局の追及の矢面に立たされ、社内では孤立し、自分が追いつめられる番。会社を救うか、自分を救うか・・・
ニコラ・シロル監督の『Corporate/コーポレート』

映画『Corporate/コーポレート』
photos:allociné

セリーヌ・サレットがすごく上手い。この女優さん、若いころのシモーニュ・シニョレに似ている・・・と思ったのは私だけではなく、すでにELLEが比べていた。

Celine-Sallette-sera-Simone-Signoret-au-cinema.jpg

フランスでも(フランスでさえ)職場のストレスやバーンアウトが問題になり、大統領選立候補者たちが労働時間や環境の改善を公約に掲げている。でも日本の残業時間とは程遠い。
第一、残業上限100時間という線引きは「過労死ライン」から来ているから、裏返せば「死ぬまで働け」に等しい。

フランスの勤務時間は週44~48時間、つまり残業週9~13時間まで認められていた。
不況の折、今年1月から「例外的な状況のみ」週60時間が認められることに。でもDIECCTEと呼ばれる地域企業・消費・労働・雇用局と労働監査局が、本当に“例外的状況”かを審査して、許可を出した場合のみ。
フランスのことだから、許可が出るころには例外的状況が終わってそうだ・・・

Corporate
ニコラ・シロル/Nicolas Silhol監督作品
主演:セリーヌ・サレット、ランベール・ウィルソン
1時間35分
フランスで上映中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





「ひとりで親父を探しに行くなんて無茶だよ!ほっとけよ!」
という息子の反対にもレキアの決心は揺るがない。
48年来パリの工事現場で働いている夫が、最後にアルジェリアの故郷に帰ってきたのは4年前。毎月送られていたお金も数カ月前から途絶えている。
自分の町カビールから一歩も出たことがなかった70歳のレキアは夫を探しに行こうと決心する。見つけ出して故郷の町に連れ帰ろう、子供の成長も見なかった夫とやっと一緒に暮らすのだ。

カビールからバスでアルジェ、アルジェから船でマルセイユ、TGVでパリにたどり着く。

映画『Paris la blanche』

でも長年住んでいたアパルトマンに夫はいなかった。
小さいスーツケースを下げ、ピガールで途方に暮れるレキアを、カフェで働くタラは放っておけなかった。
「あなたの旦那さんは定年退職してるのね?心配しないで、年金生活者はみんな登録されているから絶対見つかるわ」
果たして翌日、一緒に訪れた社会福祉課で夫の居所がわかる:移民労働者専用の老人ホーム。
そこでレキアは夫ヌールと再会する。そして一緒に帰ろう、と説得する。

・・・というシンプルで地味なストーリーだけど、その行間には、貧しくてフランスに出稼ぎに来なければ家族を養えなかった背景、48年という驚くべき歳月、行ったことのない大都会にひとりで乗り込んでくると決意の重み・・・が垣間見える。そして作品全体を包む、この夫婦の抱擁のような穏やかさ。

Paris la blanche/パリ、白い街。

映画『Paris la blanche』

アルジェがville blanche/白い街と呼ばれることから、パリのアルジェ、のようなニュアンス。

カメラは始終レキアの表情を追う。優しい顔立ちに見える決意、夫への懐かしさ、愛情、そして諦め・・・
再会の日、夫行きつけのレストランで食事をし、肩を並べてパリを歩き、エッフェル塔に感激する。「生涯で最高の日だったわ」とレキア。「結婚した日の次にね」と付け加える。

「この孫、あなたは会ってないでしょ?」

映画『Paris la blanche』

レキアが再会したのは、知っているようで実はよく知らなかった男、48年の歳月が隔てた夫だった。

この作品、小津安二郎の作品と比較している批評家もいた:小津のテーマではないけど小津の世界。
レキア役は『アスファルト』で、テラスに不時着した宇宙飛行士を泊め、言葉は通じないのに意気投合するあのおばあちゃん!後をひく作品。お奨めです。

Paris la blanche
リディア・テルキ監督作品
主演:Tassadit Mandi/タッサディ・モンディ、Zahir Bouzerar/ザヒール・ブズラール
1時間26分
フランスで上映中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



忍耐強い患者たち 『Patients』

歩く、食べる、身体を洗う、服を着る、そしてバスケットをする・・・事故で手足が麻痺したバンジャマンはもう何もひとりではできない。リハビリセンターに着いた彼は、同じように四肢や下肢の麻痺でリハビリを受けている人たちと知り合う。

最初は電話も持てなかった。

映画『Patients』

しばらくして車椅子に座れるようになったときは感激だった。ひとつめの自立。
手にフォークを固定してもらってひとりで食べれるようになる。またひとつの自立。
彼らが学んでいくのは“忍耐”。文句を言い、ケンカし、ヘトヘトになりながら、再び“生活する”エネルギーを見つけられるのは、仲間がいるからだ。ひとりでは立ち直れない。

車椅子仲間たち

映画『Patients』


Grand Corps Malade/グラン・コール・マラードというラッパーが、自伝をもとに監督した作品『Patients』。“忍耐強い人”と“患者”の意味。

映画『Patients』

彼はスポーツ万能で、特にバスケットは、高校の時クラブからスカウトに来るほど。1997年(20歳)、コロニー(子供たちの集団バカンス)のモニターをしているとき、浅すぎるプールに飛び込み、脊椎が移動して四肢が麻痺する。治る望みはあまりないと言われながら、1年のリハビリで、杖をついて歩けるようになる。2003年、Grand Corps Malade(大きな病める身体:彼は身長196㎝)という名前で、ラッパーとして初めてステージに立った。

この作品、泣かせるメロドラマになりそうでならず、ユーモラスで前向き。暖かい人間関係が描かれていて、『最強のふたり』にも通じるところがある。お奨めです。
それにラッパーが監督しているだけあって音楽がすごくいい。

例えば:The Roots«You got me»



NTM « That’s my people »



Patients
Grand Corp Malade & Mehdi Idir監督作品
主演:パブロ・ポーリー、スフィアンヌ・グラブ、ムーサ・マンサリー
1時間40分
フランスで上映中


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





家族か自由かの二者択一『Noces/婚礼』

ベルギーで、両親と兄妹と仲良く暮らす18歳のザイラはパキスタン人。とりわけ兄貴のアミールは、何でも打ち明けるほど近い。彼女が妊娠して随ろす手術をすることも兄は知っている。

映画『Noces/婚礼』

ある日、両親があらたまってザイラを呼び、3枚の写真を並べる。この中から結婚相手を選べ、と。夫となる男性はパキスタン人でイスラム教でなければならないのだ。
「だってこの人たち、パキスタンにいるのに・・・」
「スカイプで話して決めるんだ」と父。
「私もお父さんのこと、結婚する日まで知らなかったの。でも一緒になってとても幸せよ」と母。

結婚は、自分の愛する男性と結婚したい、とザイラ。両親を愛しているけど、“自分の人生を生きたい”という欲望のほうが強い。
アミールはザイラの気持ちを理解するものの、長男の彼には一家の名誉を守る、という任務がある。引き裂かれる兄。

慣習や世間体に縛られた両親は、娘の幸せを考えることができない。写真選びを拒否するザイラに、
「おまえが結婚しなければ、世間に顔向けできない」「私たちの人生はもう終わりだ」と怒鳴り泣き崩れる。
結婚を拒めば勘当され、家族とは2度と会えなくなる。
でも自分の未来を3枚の写真から決めるなんて・・・不可能な二者択一を迫られ、引き裂かれるザイラ。

ザイラ役のリナ・エル アラビ、綺麗なだけでなくすごく上手い。

映画『Noces/婚礼』


ベルギー人監督ステファン・ストレッカーの『Noces』

映画『Noces/婚礼』


2015年の『Mustang/ムスタング』を思い出させる。トルコを舞台に、イスラム教の戒律にがんじがらめになった家族と5人の娘の戦い。

でもステファン・ストレッカーは誰も悪者にしない。親は“それが娘の幸せ”と信じて疑わないのだ・・・と言っても、たった3人から、しかもスカイプで話しただけで生涯の伴侶を決めろなんて、どう考えてもシュール。“娘の幸せ”はぶっ飛んでいる。

日本でも世間体のプレッシャーや本人の焦りはまだ強い。私がいた30年も前のことだけど、適齢期を超えた知人男性が上司に呼ばれ、「この中の誰か、どうかね?」と年頃の女性のお見合い写真をずらりと並べられた、と言っていた。
「トランプのカードを並べて1枚選べ、というみたいだった」と彼。もちろん断ってもクビになることはなかったけど。
『ムスタング』同様、残る作品だ。

NOCES
ステファン・ストレッカー監督作品
主演:リナ・エル アラビ、セバスチャン・フーバニ、ババク・カリミ
フランスで上映中。上映館が少なくなっているのでお急ぎを!


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





重くて激しい『沈黙』

日本より3週間遅れで封切りになったマーティン・スコセッシの『Silence/沈黙-サイレンス-』

スコセッシ『沈黙-サイレンス-』

1633年.ポルトガルの宣教師、ロドリゲスとガルペは、彼らの師であるフェレイラ神父を探しに日本に旅立つ。キリスト教を布教するために日本に滞在したフェレイラ神父が、棄教したという噂を2人は信じられない。
密かに九州の村に辿りついた2人は、隠れキリシタンに匿われ、彼らがヒステリックなほどに告解と罪の許しを請うのに驚く。

スコセッシ『沈黙-サイレンス-』

そして踏み絵を拒んだ信者たちが拷問のあげく死んでいくのを目のあたりにする。
これらの死は無駄ではないのか?神は彼らの叫びを聞かれたのか?これほど苦しんだ人々を前に神はなぜ沈黙しているのか?
揺らぐ信仰に必死でしがみつくロドリゲス。彼も捕らえられ、檻に放り込まれる。

スコセッシ『沈黙-サイレンス-』
photos:allociné

日本政府にとって2人のしていることは、布教というより“植民地開拓”なのだ。既に確立している仏教を、他の宗教に取り替えようとしている狂信者なのだ。
『日本には偉大な自然以外存在しない。人間を超越するものはないのだ。キリスト教の神の概念は、日本人には理解できない』とロドリゲスはやがて気づく・・・

この映画、キリシタンの拷問や処刑のシーンがかなりショッキング。踏み絵は歴史の教科書にあったと思うけど、こんな残虐なことをしていたんだ、と。
でも考えるとユグノー戦争などヨーロッパの宗教戦争でも多くの人が虐殺されている。終わりなきパレスチナ問題、今日では、イスラム教の名のもとに殺戮を続けるジハードたち。宗教をめぐる戦いは過激だ。

スコセッシはこの作品で善悪の判断を示さず、日本人をカリカチュアもしない。
私は日本で僅か1%と言われるクリスチャンの家庭で育った。特に熱心だったおばあちゃんがこの映画を観たら何と言うだろう?
結局、信仰は自分の中にあるもの、踏み絵を踏んでも、信仰を変えることはできない、という気がした。

登場人物の中で、井上筑後守(イッセー尾形)が特に光っていた。狡猾で、ユーモアがあり、憎めない。夫もさかんに『あの俳優はすごい!』。イッセー尾形さんは『意地悪ばあさん』などテレビドラマに出演していて『長谷川町子物語』では、私が生まれる前に亡くなった祖父の勇吉役。私は見てないけど、なんか親近感。

Silence
マーティン・スコセッシ監督作品
主演:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァー、リーアム・ニーソン、イッセー尾形、浅野忠信、窪塚洋介
2時間40分
フランスで上映中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村







プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ