Category : 子供・猫・家族

お弁当物語

娘は毎日お弁当を持っていく。美術学校の学食は不味いうえ、申し込むと、食べなかった時も払わされる。
「もったいないでしょ ?」「確かに」
それで、近くのスーパーでサラダやサンドイッチを買うと「高いし、すぐお腹が空く」(子供たちは食いしん坊でよく食べる)。
「だからお弁当を持っていくことにする」と(自称)経済観念のある娘が宣言した。のはいいけど、誰が作るの?
・・・というわけでお弁当を作る人になって1年になる。作るのはいつも夜なので写真は撮れない、第一撮るほどのお弁当じゃない:
ハンバーグとラタトゥイユと卵焼きとか。
かつ丼とほうれん草の胡麻和えとか。
鶏の照り焼きとブロッコリー、ニンジンのサラダとか。
簡単なもんだけど、パン屋のサンドイッチとかスーパーのサラダだけのクラスメートはみんな羨ましがり、お弁当は有名になった。
ある日、授業中に娘が「ギャッ!お弁当忘れた!」と叫んだら、先生まで「そりゃ大変だ!」と言ったとか。

そのうちクラスメートのフェリックスが「一度だけ食べたい」とせがみ(娘は「おだてれば作ってくれるよ」と言ったに違いない)2人分作ることに。
間もなく「明日ポーリーヌの誕生日なの。お弁当が食べたいって」と、前日の夜に。
「鶏のつくねと胡麻和え、卵焼き、鮭のオニギリ・・・」
「茄子のカレーも入れて!」
カレーやハンバーグやチリを作るとき、お弁当用に分けて冷凍するのを敵は知っている。
「それはヘンよ、組み合わせが」
「気にしない!」
仲良しのお誕生日だから、娘は自分の好きなものを総動員したいらしい。
まあ、食べる人が気にしないなら、と、鮭のオニギリとおかずを一段目、二段目に茄子とひき肉のカレーとご飯を半々に入れる。
朝市の肉屋で買ったミニソーセージがあったので色どりに。
「タコにしよう!」と娘。
「何でそんなこと知ってるの?」
「日本のお母さんはみんなやってるのよ」
それで深夜のタコ作り。こういうの、小学校までじゃない?

octopus.jpg

「目はどうする?」黒ゴマがないので、黒粒コショウを埋め込んだ。
「食べる前に目玉取ってよ、辛いから」

娘が撮った写真。タコがぐったりしてない?
左の白い空白(に見えるのは)オニギリ。おかずとの境界にパラフィン紙、芸が細かい(?)

obento.jpg

オニギリに巻くノリはアルミ箔に包んで、猫が食べないようにお弁当箱の下敷きにした。

そしたら翌朝。お弁当箱はひっくり返り、アルミ箔が食いちぎられテーブルはノリだらけ。夜中、暇を持て余した猫が2匹の共同作業でノリを引っ張り出したらしい。
ひっくり返ったお弁当を見るのも恐ろしく、娘はそのまま学校に持って行った。

その夜。「どうだった?グチャグチャになってなかった?」
「大丈夫、ほら、ポーリーヌがお礼って」

Scan3 - Copie

さすが美術学校の学生!
おだてられるとすぐ乗る私は、
「フェリックスはまた作ってって言わないの?」
「言うけど、あたし仕出し屋やじゃないもの」
誰のセリフか・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
電車に乗ってどこかに行くにはご機嫌なお天気の週末。でも行先は病院だ。
夫の従弟のジャン=ピエールが、心臓バイパス手術をしてトロアに入院している。成功率99%以上と聞いても“心臓の手術”は心配する。その上、ジャン=ピエールは麻酔から48時間覚めなかったので、家族はハラハラした。
「牛一頭を眠らせるくらいの麻酔をかけるからだ!」とジャン=ピエール、彼は120㎏ある。
「麻酔から覚めるときがすごかったね。赤や緑のライトが点滅するナイトクラブみたいなとこにいて、音楽がガンガン鳴って・・・」
「きれいな女の子に取り囲まれて?」
「・・・それはなかった」
病室に座ったジャン=ピエールは、むくみが取れて前より元気そうに見える。でも咳やくしゃみをするとすごく痛そう。胸を切っているんだもの。
食事は塩も砂糖もだめで「昼はグチャグチャに茹でたカリフラワー(味付けなし)に靴の底みたいな子牛のステーキ(同様)、食えたもんじゃない!デザートのヨーグルトだけ食べた」
普通の病人なら、「かわいそうに」と、家族や友達が食べられそうなものを持ってくるとこだけど、彼の場合は「そりゃよかった」になる。
冠動脈の閉塞も、足腰が痛くてまともに歩けないのも肥満が一番の原因だから。これまで何度もお医者さんに警告されながら、暴飲暴食をやめなかったので、いわば自業自得。
不味い病院食のおかげですでに16㎏痩せたそうだ。
「120-16=104㎏?」
100㎏近い夫が、ジャン=ピエールの横ではほっそり見えるのに。
「いや、手術前は138㎏あったんだ」
「 ・・・・」

奥さんのマリー・フランスはシャンパーニュの村から往復1時間半かけて毎日お見舞いに来ている。
「明日は、畑のブドウ(収穫真っ最中)ひと房と庭のトマトが欲しいんだって」
ワインにするブドウは糖分が低く、彼女の“庭のトマト”は塩もオリーヴオイルもなしで美味しい。田舎の人たちは美味しいものを知っている。

jp_mf - Copie

病院の廊下の壁には、俳句の仏訳が書かれていた。
「盗人に取り残されし 窓の月」良寛
訳だと「立ち去った盗人が忘れたのはひとつだけ:窓の月」

haiku

「夏河を超すうれしさよ 手に草履」与謝蕪村
サンダルだと浮かぶ情景が全然違ってくるような・・・
短い言葉が映像を結ぶ俳句。フランス語に訳すと同じ印象にならないと思うけど、病院の廊下に登場するほど人気なのはすばらしい。

haiku


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



鼻にピアス ?!

娘が、鼻の穴と穴の間に穴を開けてワッカをつけたいと言い出した。セプタムと呼ばれているヤツ。
「牛みたいじゃない」
「ひどい!可愛いんだから・・・ホラ」
とFKA twigsの写真を見せる。ファンで、パリのコンサートにも行った。

FKAツイッグス

「全然危なくないし、アタシに似合うと思うけど」
と、娘は小さなワッカを鼻につけて見せる。確かに似合わないことはないけど、やっぱり牛みたいだ。
「私は反対」
「なぜ?」(子供の“なぜ?”は要注意。考えて答えないと突っ込まれる)
「鼻のピアスは、耳たぶよりずっとスタイルの主張があるでしょ、先住民スタイルだかネオヒッピーだか知らないけど。それに軟骨に穴を開けるのはやっぱり怖い。鼻が変形したらどうするの?」
「・・・・」
議論はそこで終わったが、どうしてもやりたければ隠れてやるだろうね、ヤレヤレ・・・

翌日、娘が突然
「やめたわ」
「?」
「鼻ピアス。ポーリーヌ(友達)が、親の反対を押し切って鼻ピアスをやっちゃったら、それ以来、母親は彼女の鼻しか見ないんだって。強迫観念みたいに。それで母親との関係が悪くなっちゃったって。だからやめた」
「あ、そう」と私はまじまじと娘を見た。
骨に穴開けるのが怖い、とか、自分のスタイルに合うかどうか?が問題ではなくて。この子は、親との関係が悪くならないほうがいいと思ってるんだ。お見それしました。
子供との付き合いは、こういう嬉しい驚きと不測の驚きの繰り返し。

数日後、娘宛に小包が届いた。「ネットで買った」という鼻ワッカが3つ。
「ね、似合うでしょ?」
髪を三つ編みにすると、確かに似合う。認めない訳にはいかない。
「見かけは全く同じじゃない。痛い思いして穴を開ける必要がどこにある?」
「まぁそうだね」
鼻ピアスは今のところ一件落着、次は・・・タトゥーかな?

『ワカメちゃんがパリに住み続ける理由』のKindle版がでました。大幅に書き下ろしていますので、ブログを読んでくださっている方も是非!よろしくお願いします。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
キャンプ場にいた男性に、「ゴミをどこに捨てたらいいですか?」と聞いたら、「捨ててあげるよ」と、そこまでは親切だが、立ち去り際に「ガイジンだから・・・」
「思わず振り返ってにらんだわ!ガイジンだからゴミが捨てられないっていうの?ちゃんと日本語で聞いたのに・・・」
娘は本気で怒っている。
「サイゼリアでコーヒー飲んでいたら、近くに座っていた男子がまじまじと見て、『君、日本人じゃないよね?』っていうのよ。ふつう、知らない人にそんなこと言わないよね?」
たしかに、パリで「君、フランス人じゃないよね?」なんて言い出したら、一日何十回も言わなくてはならない。

フランスでは保育園から、クラスに異人種、異文化の子がたくさんいる。
「〇×ちゃんが晩御飯に来るから、豚肉はだめ」とか「×〇君のバルミツヴァ(ユダヤ教の成人式、13歳!)によばれた」とか、肌の色、宗教や慣習が違う人たちがいるのを、小さいときから日常で体験する。第一、母親からして肌の色や慣習が違う人だ。

イギリスがユーロ離脱の国民投票をするとき、離脱賛成の人のインタビューを聞いていたら、「昔はこうじゃなかった、今は外国人や難民が多くて脅威だ」という意見が多かった。
島国で他の国と国境を接していないので、戦ったり助け合ったりする共同体という感覚が、大陸と違う。その点で、日本はイギリスに似ているといわれるけど、と言うと、
「日本では永久に“ガイジン”なのね」と娘はため息をつく。
「私なんかフランスでは永久に移民だし、日本ではかなりズレちゃってる。でもそれを居心地悪いとは思わない。2つのカルチャーがあるんだもの」
娘はしばらく考えて、「そうだね」
それ以外は、「活気がある、いつもどこかで面白いことがある、可笑しくてへんな人が一杯いる。パリは退屈、何も起こらない・・・」と日本絶賛。子供たちが“自分の日本”を見つけてくれれば、と思っていたので、ヨカッタヨカッタ。

「女の子なのに?!と言われたけど買っちゃった」甚兵衛。鼻緒のかわいい下駄も買ってきた。“ガイジン”のお土産選び!

甚兵衛

スーツケースはすぐに猫たちに占領された。

タマ&リュリュ


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

娘の日本便り:山体験

飛行機に乗るなり“昏睡状態”で眠った(でも映画は2本観て、機内食は全部食べた)という娘は元気の塊で帰ってきた。
帰るなり、パソコンを取り出して写真を見せてくれる。東京や京都は知っているけど、山の写真見せてよ。
「奥穂高は山が高すぎて諦めたの?」
「そうじゃないの、“その山”がどこにあるかわからなかったのよ」「 ・・・」
「そこに山があるから登る」というのは聞いたことがあるけど、「どこにあるかわからなかったから登らなかった」は初耳。誰かに聞く、というテがあるだろうに・・・
「あまり人がいなかったし、キャンプ場は石がゴロゴロしてて眠れないし、あんな寒い思いをしたのは初めて!」
上高地はすごく混む、と聞いていたけど、どの写真にも人影はなく

上高地

涸沢のキャンプ場もこんな感じで、

涸沢

研修の先生が貸してくれたという寝袋・・・寝服?先生曰く「熊が出てもそのまま逃げられる」
寝袋でもセクシーに見えるか?実験の写真だそう・・・

上高地

食糧はカップラーメンや缶詰を持っていったけど、「お湯がないとこがあってカップラーメンは食べられなかった」
ヒュッテでお弁当が買える、と言っておいたのに、予約し忘れ。
「缶詰だけじゃお腹いっぱいにならないし、お金がかかった」って、一体どこで何を食べたんだろう?

2か月で、「から揚げとコロッケは一年分食べた」そして、「どーして日本食って揚げ物ばかりなの?」そりゃ自分で揚げ物ばかり選んでるからよ!
「今夜、何食べたい?」と聞くと、「典型的フレンチ!・・・カモのコンフィとか?」というお返事だった。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ