Category :

東京にて:前代未聞のレストラン

友人夫婦と夕食の約束。待ち合わせ場所の新代田の駅を出ると、そこは環七。車がビュンビュン通り、向かいにファミリーマートがあるだけ。レストランなんかあるの?

「機嫌が悪いと、感じ悪い主人ですけど、誰にもそうなので気にしないで」と友人夫。
5分くらいで古びた木造の建物があり、狭い階段を上ると、国籍のよくわからないオブジェがひしめく暗い店。

新代田、日の丸軒

8時で、他のお客は誰もいない。ゴチャゴチャと暗い雰囲気によく似合う、初老の主人が迎えてくれた。
長めの白髪、樹木希林の男性ヴァージョンみたいな彼が、オーナー兼シェフ兼ウェイター。
「特別にメニューを作りましたので:ターメイヤ、茄子のサルサヴェルテ、カルパッチョ、ピザ、タンドリー・チキン、子羊のケバブ・・・」
思わず、わーたくさん!と言ったら、急に怖い顔になり、
「そんなら省きますよ」
いえいえ!素晴らしいです。

料理が次々に運ばれてくる。
煮た野菜をナッツ類の衣で揚げたエジプト料理、ターメイヤ。ここの名物みたい。美味。

新代田、日の丸軒

タコのトマト煮はイタリア、何日も煮込んだ雰囲気。トウガラシが効いている。

新代田、日の丸軒

エジプト、イタリア、フランス、インド、モロッコ・・・盆とクリスマスと正月が一度に来たようなメニューは“ユーラシア料理”。
それで名前が日の丸軒。
お客は相変わらず私たちだけ。

1年ぶりの積もる話に食べるスピードが落ちていると、ご主人がやってきて、
「ホラ、自分の皿に取って!下げるものは下げたいんです。そんなの当たり前でしょ」
シーン。
だんだん機嫌が悪くなってきた雰囲気。

タンドリーチキンあたりから、もう、お腹いっぱい。そこへケバブが運ばれてくる。

新代田、日の丸軒

「ちょっと多かったね」と友人妻。
ケバブを持て余していると、ご主人が現れ、
「早く取ってくださいよ」
「あの、これドギーバッグにしていただけますか?」と私。
「ドギーなんとかって何です?」
「いえ、その持ち帰りたいと・・・」直訳なんかしたら大変なことになる。
「そんなことできません。食べちゃいなさい。待ちますから」
パリでも感じの悪いレストランはあるけど、ここまでは出会ったことがない。しかもここは日本。
無事に店を出られるか不安になってきた。

10時ごろ、「飲み物だけもOKです」の看板を見たらしいカップルが入ってきて、既に機嫌が悪いご主人に邪見に扱われている。
携帯が鳴って、少し離れた席で話していると、
「そこで電話しないでください。あっちです」
と追いやられた。
結局、友人夫妻の健闘によりケバブも平らげ、お勘定を頼むと、飲み物のカップルも「こっちもお勘定!」と叫んでいた。
料理の組み合わせといい、雰囲気といい、何よりご主人のキャラ。生まれて初めての経験でした。楽しかった!
友人ご夫妻、ありがとう。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

東京にて:ダニに好かれる

土曜日、大学の同級生が集まったとき、脚をぼりぼり掻いていたら、隣の友人が
「あなた、それ蚊じゃないわよ」
そう言えば、これだけ刺されているのに、蚊の姿は見かけなかった。
じゃ誰?・・・ダニ?
O夫妻宅は何度もお邪魔していて、痒かったことなんかないのに、無人で締め切った家+暑さ+湿気=ダニの発生、となったらしい。
でもどう見たって娘のほうが美味しそうなのに、なぜ私だけ刺されるの?
確かに娘さんのほうがはるかに美味しそうだ、と不思議がるのは男たち。
日本のダニは日本人が好きで、外人&ハーフは口に合わないってこと?それ、人種差別っていうのよ。

とにかく。ダニ体験や駆除法の意見が飛び交い、バルサン、ダニ除けシート、ダニ用かゆみ止めを買え、ということになった。薬局経営の友人と一緒に閉店間際のマツモトキヨシに駆け込み、3点セットを購入。
脚を見た店員さんが「それはスゴイ」
感心されて喜んでいる場合じゃない。

翌日、出かける前にバルサンを仕掛ける。
ゴキブリ・ダニ・ノミ駆除製品の代名詞になってない?30年前すでに知られていた。

manual_gokiburi_product-varsan.jpg

このうちは出かける度に防犯装置をONにしなければならない。ONにしたら即出ないとベルが鳴りだす、と娘が脅かすのでサンダルも止めず走りでる。今回はそれに加えバルサンも噴射し始めたので、爆弾を仕掛けた犯人のように飛び出した。

夜、帰ったら、ゴキブリが一匹死んでいた。ダニは目に見えないので、果たして死んでくれただろうか?
夜中に掃除機をかけ、汗びっしょりでかけ終わったとき、クーラーというものがあるのを思い出した。
クーラーのない国から来ると、こういうことになる。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



東京にて:夜道で迷う

羽田に着いたときはけっこう涼しくて、なーんだ、と拍子抜け(後日この日は“例外的に涼しかった”と判明した。)
羽田からリムジンで吉祥寺に出て、そこからタクシーで浜田山へ。今回は北海道でバカンス中の友人宅を丸ごと借りている。O夫妻は数年前から北海道にはまり、色んな町で家を借りて夏を過ごしている。

「鍵はポストの中です」(パリでは危なくてできないよね)
家の中に入ると、飢えていた蚊の襲撃に遭い、あっという間に脚を8か所刺された。脚をぼりぼり掻きながら、かゆみ止めを探したけど、人それぞれ“収納のロジック”が違うので見つからず。
その後、トイレの電源、お風呂の入れ方、お布団の場所など優先事項をチェックしたら20時を過ぎている。
「お腹空きすぎ!」と娘が騒ぐので、近くのジョナサンに向かった。
この時間に小さな子供連れのお母さんが大勢。外で可愛い浴衣姿も見かけたから、花火大会でもあったのかな?
「父親が全くいないのね」と娘。

鶏のみぞれ煮、画期的に美味しかった。これが10ユーロ以下。フランスでは「安くて美味しい」がなかなかない。

160218_js_photo_009.jpg

さて夜道の帰り、私たちはしっかり迷った。
この辺りは住宅街でどの道もよく似ている。歩くうちにどんどん遠ざかっていくような嫌な予感。小雨まで振り出した。
フランスの携帯は使わないことにしていたけど、娘が「一瞬だけ」と住所を打ち込んだら数秒でコネクションがなくなった。
道を聞こうにも人がいなくて、いれば自転車に乗っている。
「もし見つからなかったら?」
「ホテルに行くしかない・・・」

そこへ大学生っぽい女性が携帯を見ながら歩いてきた。おお!2人で駆け寄って道を聞く。彼女はすぐ調べてくれて、
「こっちです、一緒に行きましょう」果たして私たちはかなり遠くまで来ていた。
「あの・・・うちに帰れないんですか?」と大学生。
「いえ、友達のうちに泊まっているんですけど、着いたばかりで」
「・・・・」
「友達は旅行で、家には誰もいないんです」
「ああ、なるほど」彼女はようやく納得した。
「回り道させてごめんなさい、帰り大丈夫ですか?」
いえ、すぐ近くですから、と彼女はうちの前まで連れてきてくれた。地獄で仏!(なんて死語でしょうね)

間もなく娘の携帯にメッセージ:インターネット使用料が50ユーロに達したのでコネクションを切りました。
2秒で50ユーロ !?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




空港で半日暮らす

さて6時間つぶさなければ。ストックホルムは45㎞の距離だから戻ってもしょうがない。
14の島からなり30%が海、瑞々しく素敵な街で、私たちはヘルシンキより好きになった。
お城はちょっと陰気だけど、市庁舎が美しかった。

市庁舎の上からの眺め

ストックホルム 眺め

眼下の超デザインな建物がセントラル・ステーション

ストックホルム 眺め


空港ロビーの椅子に座って、しばし全力疾走の疲れとストレスを癒した私たちは、とりあえずお昼を食べよう!空港に隣接するSky Cityに赴く。ちょっと歩くけど時間は売りたいほどある。
ここでもメニューの数は少なく、スェーデン名物(!)ミートボール、ハンバーガー、シーザーサラダ・・・

必ずキュウリのひと塩とレッドベリーがついてくる。肉団子(ごく平凡な)とマッシュポテトで20ユーロは高い。

ストックホルム 食事

シーザーサラダも定番メニュー。ここのは鶏がから揚げになっていて一番美味しかった。約20ユーロ。

ストックホルム 食事

ヴァーサ博物館近くで食べたスモーガスボード。黒パンの上に「わー海老たっぷり!」と喜んだら、分厚いマヨネーズの上げ底になっていた。これが18ユーロは詐欺・・・

ストックホルム 食事

ストックホルムも物価は高いけど、ヘルシンキより微かに安いのでは。
お昼の後、免税品をウロウロしたり(あと4時間)
あらイブラヒモビッチさん、香水まで作ったの?(あまりいい香りじゃなかった)

イブラヒモビッチ香水

いつも慌ただしく通過する空港は、”旅立つ人と帰ってくる人がすれ違う、物語のある場所”で、ここに一日座って観察したら面白いだろう、と思っていた。実際やってみると、そんなに面白くない。スーツケースを転がしながら人が行きかうだけ。
『ザ・ターミナル』のトム・ハンクスを思い出した。

読みかけのミステリーを読んだりしたりで(あと2時間半・・・)
やっと私たちを乗せた飛行機はロワシーへと飛び立った。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


アーランダ空港、全力疾走

帰る日。空港へは、中央駅から出るArlanda Express(アーランダ空港直行列車)に乗ることにした。
中央駅まで電車で15分、エクスプレスは15分置きで空港まで20分・・・1時間見れば大丈夫。出発1時間前の正午には着ける、という計算だった。間違いのもとは、中央駅でチケット売り場までたどり着く時間、チケットを買う時間を計算に入れていなかったこと・・・

時速175㎞まで出すアーランド・エクスプレス。料金は2人で約30ユーロ

アーランド・エクスプレス

しかもエクスプレスは出たばかりでフルに15分待ち、空港に着いたのは12時15分。しかもエールフランスのカウンターは空港の端っこ、その上、私たちの前にはベビーカーをチェックインしようとしている家族がいて、ついに私たちの番になった時、係員は、
「チェックインは終了しました」
「は?」
「あなたたち、10分遅れです」
「だってベビーカー家族が・・・」
「確かに。でも5分は遅れてます。それに飛行機はオーバーブック」
ウソーッ!5分以上待ったし、オーバーブックはそっちの責任でしょ!Eチケットに最終チェックインの時間なんか書いてないし、出発までまだ30分以上あるし、グチャグチャ・・・と2人でまくしたてたけど、あまり効果なし。
「変更できるんですか?それとも買い直し?」
「買い直しになると思います」
係員は、《オーバーブッキング(自分たちの非)》と《遅れてきた(こっちの非)》をしばし秤にかけていたが、「ちょっとそこで待ってて」と電話をかけ始めた。ドキドキしながら“そこで”待っていると、
「座席があるかどうか保証できませんが、この先にある《スペシャル・バゲージ》のカウンターで荷物を預けて、ゲートに行ってください。急いで!」
ヨーイドン!と私たちは、空港の反対の端っこにある《スペシャル・バゲージ》へ全力疾走し、スーツケースを預け、ゲートに向かうと、怖そうなオバサン職員が「ボーディングパスがないと通せない、Eチケットではダメ」。
ここで夫は諦めかけた。もう走れん。あなた、しっかりして!(なんて言わなかったけど)
私はエールフランスまで駆け戻り、ボーディングパスをゲット。怖いオバサンも今度はOK、ところがセキュリティチェックのゲートで私たちの前にいたマフィアっぽいオジサンがピーピー鳴りまくり、係員が触ったり脱がせたりし始めた。ツイてないときはツイてない。

ようやくマフィアが釈放され、セキュリティを通過してゲートに駆け付けると、
「あなたたちが来ないから、待っていた2人を今乗せたとこ」と女性係員。
ガーン!
「でもスーツケースが・・・」
スーツケースが乗ったからには私たちを乗せないわけにはいかない、と思っていたのに、
「降ろしました」
それはご丁寧に・・・
「オーバーブッキングですから、次の便にトランスファーしますね」
自らの非をすぐに認める素晴らしい女性!
「次の便は19時25分です」
新たに買い直さずに済んだけど、6時間以上、空港で暮らすってこと?
目の前で、私たちを乗せない飛行機がゆっくり方向転換を始めた。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ