FC2ブログ
「好きかどうかわからないけど、まぁ1話だけ見てみて」と息子に言われて、娘と観た『今際の国のアリス/Alice in Borderland』。
アリス、チョータ、カルベ。幼馴染の男子3人組が突然、人間のいなくなった異次元の東京に入り込む。

『今際の国のアリス』

そこではゲームに参加して勝ち残った者が生き延びられるというルールになっていた。
1話を見て、ナンだ、若者向けのシリーズじゃない、と思ったのにやめられなくなって、年甲斐もなく最後まで見てしまった。

東京の風景、特に渋谷界隈が懐かしかったせいもあるし、人っ子ひとりいない街(夜明けに撮った?)に既視感、3月~5月のコンフィヌマン中、パリの街はこんなだった。
ゲームオタクのアリスがいい(主役だものね)。でもビーチが出てきてから、俳優たちの演技が過剰で面白さが少し薄れる。
実写の前にアニメ化され、アニメの演技をもとにしたからじゃないか、と息子の意見。
なるほど。アニメだとふつうの演技も、人間がやると不自然になるのね。

歴史物はあまり好きじゃないのに、4シーズン観てしまった『The Crown』。
2020年のNetflixのシリーズ中、フランスでは一番人気だった。
1947年からのエリザベス2世の治世を描き、2シーズン毎に主演俳優が変わる。

シーズン1&2のクレア・フォイのエリザベスとマット・スミスのフィリップが良かった。

『ザ・クラウン』
image:tele7jours

クレア・フォイは『ミレニアム』シリーズの『蜘蛛の巣を払う女』のリスベット、ステーヴン・ソダーバーグ『パラノイア/Unsane』の主役ソーヤーもよかった。
フィリップ役のマット・スミスは初めて見る俳優。女王の夫、という飾り物的な位置に不満で、自分の存在理由を主張しつつ、反抗期の息子のように振る舞うキャラによく合っている(つまり上手い)。
シーズン4でダイアナ妃が現れると釘付けになる。
エマ・コリンの、ちょっと陰のある目と上目遣いの視線がダイアナ妃にそっくりなのだ。それにしても不幸な結婚生活だった。

『ザ・クラウン』
image: francetvinfo.fr

観ながら「みんな狂ってる」と夫。たしかに王室の人間たちは普通じゃない。
一日中、人に見られていて演じなければならない、という運命のせい?
外に見せなければならないイメージと内部の力関係が大切で、人間らしい関係がないというか・・・日本の皇室も似たようなものだろう。
フィリップ殿下(本物の)にジャーナリストが『The Crown』をどう思うか?尋ねたら、
「あまりに(事実と)違うので笑ってしまう」というお答えだったそう。
ふむ、巧みなかわし方。
日本で皇室の歴史がシリーズ(NHKの朝ドラ?)になるというのはちょっと想像できない。
ということは、日本の皇室が英国王室よりさらに異次元の世界ということだろうか。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング



どんなスリラーより怖い

映画館、美術館、スポーツクラブなど娯楽の場所が全部閉まって以来-つまり去年の3月から-夫もろともNetflixのシリーズ漬けになっている。選ぶのはサスペンス&スリラー。

最近観たのは『アンダーカバー秘密捜査官』。
麻薬ディーラー、フェリー・バウマンが君臨するキャンプ場に、カップルのふりをして潜入する男女捜査官の話。
キャンプ場の麻薬王っていうのも庶民的だけど、フェリー・バウマンは凶悪ながら情に厚く、若い奥さんにメタ惚れで憎めないキャラ。シナリオがよくテンポもいい。

数年前のシリーズ『ブラッドライン』。
海辺でホテルを営む地方名士家族。ホテル45周年記念パーティに、長い間姿を見せなかった前科者長男がフラリと戻ってきた。
それを皮切りに、閉じ込められていた家族の嘘と秘密が浮上してくる。
地元で尊敬されているホテルオーナー夫妻も一皮剥けば違う人物。“人間はみんな灰色”というキャッチをつけたい。

どちらのシリーズも殺人やヴァイオレントな場面が多々あるけど、どんなフィクションより怖かったのが「Affaire Watts/American Murder ; The Family Next Door」というドキュメンタリーだ。

シャナン・ワッツは、夫と4歳と3歳の娘2人と暮らし、3人目を妊娠中。傍目には幸せな34歳の女性。

affaire Watts

2018年8月13日、地方のセミナーに参加した彼女は午前2時に自宅に帰ってくる。
その翌日から、シャナンは親友の電話やメッセージに返事をしない。心配した親友は警察に通報する。
家の中は空っぽだ。仕事から帰ってきた夫クリスはあちこちに電話し、シャナンの携帯にメッセージを残す。
どこにいるんだ?帰ってきてくれ。
寝室のテーブルにはシャナンの結婚指輪が残されている。

事件の何か月か前から、シャナンは「クリスが変わった」「実家に5週間もいて帰って来たのに、わたしに触れようともしない」「1時間泣いた」・・・というメッセージを親友に送っていた。
これ以上書かないほうがいいでしょうね。

このドキュメンタリーは、友達や警官が撮ったヴィデオ、シャナンが毎日のようにFacebookに投稿者した写真やヴィデオ、友達に送ったメッセージを繋ぎわせて事件を再現していて、それがとてもリアル。鳥肌が立つ。
事実はシリーズものより怖い。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング



逞しいネコたち

ロックダウンだろうが夜間外出禁止だろうが、変わりなく自分たちの暮らし(食っちゃ寝)を続けているという点で逞しい。

1年近く“いつも誰かがウチにいる”状況を、喜んでいるのか鬱陶しいと思っているのかわからんけど、前より要求が多くなった。
いるなら利用しようというわけ?
例えば水。
このようなウォーターファウンテンがあるのに最近利用しない。

外出禁止のネコたち

「水道水のほうがより新鮮」

外出禁止のネコたち

で、喉が渇くとタマが呼ぶ。すぐに応じないとだんだん威嚇的な鳴き方になる。

食事時になると、何かもらおうとテーブルの上に乗ってくる。

外出禁止のネコたち

友人とご飯を食べているときもこれをやって、友人はタマをテーブルから“放り投げた”。
内心「なんてことを!!」と思ったけど、よく考えると彼女が正しいのだ。

獣医さんに「クロケットだけじゃなくて、タンパク質&野菜もあげなさい。うちのネコは白身魚とズッキーニが好きよ」と言われ、試してみたけど白身魚は見向きもせず。
タマは鶏の挽肉や胸肉、リュリュは牛肉の煮込みが好きだ。つまりチキンメニューとビーフメニューを用意しなければならない。

毎日天気が悪くて外に出られないので、食べる以外は2匹仲良く寝ている。

外出禁止のネコたち

寒い日はヒーターの前。

外出禁止のネコたち

「火事のとき、レンブラントの絵とネコを選べと言われたら、ネコを救う」
と言ったのはジャコメッティと知って、このアーティストがより好きになった。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング




マクロンの心理作戦?

一月半ば『全国18時から夜間外出禁止』になってから、医療関係者は「早くロックダウンにすべき」と繰り返し、メディアも「ロックダウンは避けられない」というメッセージを流し続けた。
その結果、誰もが「いつ発表になるか?」とハラハラするようになっていた。
仕事の打ち合わせを決めるのに「ロックダウン解除後にしましょう」という返事も来て、アララ、そんな差し迫った話になってるの?

ところが金曜日の夜。マクロン大統領、首相、関係大臣が議論した後、出てきたのはカステックス首相
しかし発表の場所がエリゼ宮なので「発表するのはわたしだけど、決めたのは親分(大統領)」という意味合いらしい。

pas de confinement 29_01

カステックス首相ってアルベール・デュポンテルによく似てません?

Dujardin-malade-de-Dupontel.jpg

(元へ)そして開口一番「ロックダウンにはしない」
ニュースキャスターも一瞬あっけにとられた。
その代わり、
〇EU圏外の国へ(からの)行き来禁止。
〇2万㎡以上の食料品を除くショッピングセンター&デパート閉鎖
という新たな規制も「ロックダウンにならない!」というニュースのインパクトで霞んだ。
よく考えると、日本には行けないということで、個人的には重大事なんだけど。

日曜日の朝、著名らしい心理学者が「フランス人の今の精神状態を考えた巧妙な方策だ」
どうして?
彼曰く「ロックダウン噂が流れ始めてから、不安で呼吸が苦しくなったり鬱状態になって精神科や分析医を訪れる人が一気に増えた。このニュースにほっと胸をなでおろした人が大多数に違いない」

さらに「今後ロックダウンになるか否かの鍵は、あなた方の手中にある」とカステックスの言葉を取り上げ、
「これまで政府は、外出するな、隠れパーティするな、マスクを外すな・・・とうるさく言い、守らないと罰してきた。つまり、国民を“子ども扱い”してきたのに『鍵はあなたたちの手中にある』と責任を投げた。これは、落ち込んでいた精神状態を持ち上げる効果がある」
ふむ、なるほど。

マクロンを躊躇させていた理由のひとつは”国民の許容範囲”だったから、この方策になったのか。

心理的にはよい方策でも、医療的、経済的には「したほうがいい」のかもしれない。
コロナ時代の指導者は、この3つを秤にかけなければならないのだ。
マクロン叩きしかしない野党の党首らに「そんなら自分でやってみろ」と言いたくなる。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング
27日~28日に行われたアンケート調査の結果、62%が3回目のロックダウンに賛成。
オランダの暴動や、フランス人気質を考えるとまことに意外な結果、と思いきや、内訳を見ると:

57%が「友達をうちに呼ぶこと禁止」に反対
64%が「生活必需品以外の商店閉店」に反対
60%が「学校閉鎖」という言葉は聞きたくもない
54%が「レストラン&カフェ閉店延長」に反対
唯一64%が賛成しているのは「他の地方への移動禁止」


「こりゃ殆どアラカルトですね・・・」とニュース解説者。
「つまりライトバージョンならいいということですか」

木曜日の各党首、労組代表らとの話し合いの結果、ロックダウンは避けられないということになった。
それが3月バージョンか11月バージョンかが明らかにされていない。この2つは昼と夜ほどの違いがあるのだ。
3月-5月はレストラン&カフェはもちろん、学校、必需品以外の商店が閉まり、公園も閉まり、パリはSF映画のようになった。
11月は学校、商店、公園が開いていて、街は一見ふつうと変わりなかった。つまりライトバージョン。

「ふつうと変わりなかったら効果がないんじゃない?」と思うところだが、3月にはマスクがなく( !!)11月は徹底していたのが大きな違い。
アンケートに戻って、回答者の42%が「禁止事項に従わないつもり」
これは若いほど高く、18~24歳は66%。しかも彼らの大多数はロックダウンに賛成している。「でもちょっと大目に見てくれてもいいじゃない」ということ。
「62%が賛成」という数字だけ見ると、コロナのお陰で、フランス人は従順になった印象だけど、実は「子供は学校に行き、友達を呼んで騒ぎ、服や本も買えるロックダウン」ならいいと言っているわけ。それじゃ何もダウンしてないじゃない・・・
そういうわたしもこの意見に賛成だ。
3月バージョンは精神的にも経済的にもみんなキレるよね。

18時のヴォージュ広場、まだちらほら人影が。写真があるからには私もそこにいたということ。
日が少しずつ長くなってきたのが嬉しい。

パリ 夜間外出禁止


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


国際恋愛・結婚ランキング

プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(単純計算しても歳は出ません!)
訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とヴィンテージの服、デビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ