80歳、まだ現役!

ピエールは、2年前に妻に先立たれてから引きこもりがち。ゴタゴタと散らかったアパルトマンで、いつも同じセーターを着て、在りし日の妻のヴィデオを観て過ごしている。
心配した娘シルヴィは、「これで少し外と繋がってよ」とパソコンを与え、若いアレックスを“教師”として送り込む。このアレックス、実はシルヴィの娘(つまりピエールの孫娘)の彼なのだ。

1 profil pour2

アレックスはピエールに、ネットのナビゲーションを教え、スカイプで家族と話ができるようにする。
はたしてピエールがハマったのは出会いサイト。若い女の写真を次々に見て、フローラという女性が特に気に入って、メールのやりとりが始まる。久々の胸騒ぎ。忘れていた感情を思い出すピエール。顔は輝き、セーターも着替える。

1profil pour 2_3

一方フローラも、同世代の男は書かない文学的でロマンチックなメールに魅了され、会おうと提案してくる。
ピエール窮地!なぜなら彼は「プロフィル」の年齢を大幅にサバ読み、アレックスの写真を貼っていたのだ・・・

Un profil pour deux/二人でひとつのプロフィル

映画 『un profil pour deux』

軽いコメディ、ではあるけど、死ぬまで男(女も!)のフランス人の実態が窺え、何より82歳になるピエール・リシャールの圧倒的存在感。顔は年齢相応にシワシワでも、声や歩き方、いたずらっぽい青い眼は前と変わらず、ユーモラスでわがままで魅力的。十分“もう一花咲かせそう”だ。

そういえば義父も80歳近くで義母が亡くなったあと、しばらく落ち込んでいたけど、初恋の女性と再会して元気になった。それを見て息子たち(夫と義弟)は「おお、老後に希望の光!」と喜んだ(どういうこと?)その女性は既に未亡人で、義父がひとりになったのを知って彼女から連絡してきたというから、私も「おお、見習わなくちゃ」と思うべきか。

さてピエール・リシャール。日本では『みんなで一緒に暮らしたら』(2011)『幸せはシャンソニエ劇場から』(2008)などが最近の出演作だけど、フランスでは70年代に3枚目俳優として大人気だった。そして今は魅力的なオジイサン・・・

Un profil pour deux
ステファン・ロブラン監督作品
出演:ピエール・リシャール、ヤニス・レスペール、ファニー・ヴァレット
1時間40分
フランスで上映中


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



田舎の週末:リンゴの花咲く頃

世の中、復活祭で街中にチョコレートが溢れている。カトリック信者にとってはクリスマスより大切なお祝い(誕生より復活のほうが大事、というのは理解できる)、3連休に実家に帰る人、田舎に行く人で、土曜日は渋滞がひどかった。

私も1日だけ田舎に行く。従弟のジャン=ピエールが急に亡くなって、一人残されたマリー・フランスに会うためだ。看病疲れと哀しさでぶっ倒れているかと思いきや、意外と元気。というのも、ひとりになった彼女を心配して、毎日のように友達や近所の人が夕食に呼んでくれて、まだ別れを実感する暇がないらしい。田舎の人間関係は都会と違う。
私が着いた日はブドウ畑の手伝いをしていた。手伝いを頼む、というのも心遣いだと思った。
だって「何かしていないといられないの。うちの中を片づけ始めた」とマリー・フランス。

大きな家は、寝室が2階なので、ジャン=ピエールが階段を上らなくても済むように、階下に寝室を移し、医療ベッドも入れた。でも彼がその部屋を見ることはなかった。
去年からジャン=ピエールは入退院を繰り返していたので、
「考えてみたら、ひとりで暮らすのに慣れていたわ」
「お葬式の後、庭にみんな来てシャンパン飲んだでしょ。あの時、『ここシャンパン足りないぞ!』ってジャン=ピエールの声が聞こえそうだった」というと、マリー・フランスは真面目な顔になり、「あの時、彼は一緒にいたわよ。ずっと感じてた」

うちの庭には2月に枝を切ったリンゴの木が花をつけていた。
リンゴの花ってこんなに可憐だったの!?

リンゴの花

リンゴの花

こちらは2月の図。

リンゴの木

夫が植えたチューリップも開いた。

tulips.jpg

「親父が庭仕事をしていた頃は手伝うのもイヤだったのに、おかしなモンだ」
子供はいくつになっても反抗期?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

エミリーは有能な人事課長。“殺し屋”と呼ばれるほど、感情を挟まない人事は上司から評価され、彼女も自分の能力に自信を持っていた。だから、部署を変えてほしいとつきまとう中年社員も、彼女は取り合わず一日伸ばしにしていた。

その社員が会社の窓から飛び降り自殺してしまう。社員は大きなショックを受け、労働監察局が事情聴取に来る。
「奥さんと別れ、鬱状態だった」会社は責任を回避したいが、
「職場で自殺している。メッセージは明らかです」と監察局。

社長(ランベール・ウィルソン)がエミリー(セリーヌ・サレット)を採用したのは、あまり有能でない中年過ぎの管理職の一部を“排除する”ためだ:解雇すれば会社にお金がかかるので、自ら辞めるように追いつめる。

映画『Corporate/コーポレート』

能力、採算性だけが問われる非人間的な世界で、その“掟”に従っていたエミリー。
いつも真っ白なシャツ-車の中でシャツを着替え、デオドラントをつける-男社会の中で完璧であろうとしたエミリー。

監察局の追及の矢面に立たされ、社内では孤立し、自分が追いつめられる番。会社を救うか、自分を救うか・・・
ニコラ・シロル監督の『Corporate/コーポレート』

映画『Corporate/コーポレート』
photos:allociné

セリーヌ・サレットがすごく上手い。この女優さん、若いころのシモーニュ・シニョレに似ている・・・と思ったのは私だけではなく、すでにELLEが比べていた。

Celine-Sallette-sera-Simone-Signoret-au-cinema.jpg

フランスでも(フランスでさえ)職場のストレスやバーンアウトが問題になり、大統領選立候補者たちが労働時間や環境の改善を公約に掲げている。でも日本の残業時間とは程遠い。
第一、残業上限100時間という線引きは「過労死ライン」から来ているから、裏返せば「死ぬまで働け」に等しい。

フランスの勤務時間は週44~48時間、つまり残業週9~13時間まで認められていた。
不況の折、今年1月から「例外的な状況のみ」週60時間が認められることに。でもDIECCTEと呼ばれる地域企業・消費・労働・雇用局と労働監査局が、本当に“例外的状況”かを審査して、許可を出した場合のみ。
フランスのことだから、許可が出るころには例外的状況が終わってそうだ・・・

Corporate
ニコラ・シロル/Nicolas Silhol監督作品
主演:セリーヌ・サレット、ランベール・ウィルソン
1時間35分
フランスで上映中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





エールフランスのせい?

一年に一度、JALでパリに来る友人が「マイレージ使ってビジネスで来れちゃった」というのを聞くと、エールフランスのマイレージに原因があるのでは? と思えてくる。
パリ-東京を比べると、JALやANAより高い。組合が強くてしょっちゅうストをやっているし、料金だけじゃなくて、なんか“お高い”。

何年か前、娘と2人、夜11時の便で発つとき、早めに空港に行って夫と息子とみんなでご飯を食べようということになった。8時すぎに着いたら、チェックインカウンターがまだ開いていなくて、レストランに直行。ワインとってゆっくりご飯を食べて、ハタと気が付いたら10時すぎ。カウンターに駆けつけたら、エコノミーのチェックインは終わっていた。ビジネスとファーストクラスのまだ開けているので「そこからチェックインできませんか」と聞いたら「ノン」
「入り口が違うだけで同じ場所に保管されるんだから」と夫も言ってみたけど頑なにノンだった。荷物もファーストとビジネスは扱いが違うっていうの ?!

結局その便には乗れず、ひとり100ユーロ払って翌朝8時の便に乗ることに。
悠々とご飯を食べていた自分たちを恨み、エールフランスの“階級主義”を恨み、翌朝の5時起きを恨み・・・
翌朝、飛行機に乗って、ファーストクラスとビジネスクラスを横目で見ながら、自分たちの席に向かうとき、
「いつこっちに乗れるの?」と娘。
さぁいつでしょうねぇ・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


腹の立つマイレージ

「サンクトペテルブルクに行きたい」と前から夫がうわごとのように言っていて、ようやく実行に移すことに。
私は高校生の頃、家族と行ったことがある。ロシアが共産国でレニングラードと呼ばれていた時代。2月だったのでやたら寒かった。震えながらアイスクリームの屋台の前に行列している人たち、商品が圧倒的に少ないーコートなら1種類だけ-デパート。そしてホテル!各階にコンシェルジュのオジサンが座っていて、部屋にいると時々電話がかかってきて取ると切れる。
「おとなしく部屋にいるかどうか確かめるため。コンシェルジュはスパイが多い」と通訳の人に聞いた。後から通訳・ガイドも大部分スパイと聞いた。寒い国のスパイたち・・・

だからあんまりいい印象は残っていないけど、私が選ぶと南の国ばかりになるので、たまには北もいいか。ロシア通の友人に「ヘルシンキまで飛んでそこから鉄道でサンクトペテルブルクに行くといい」と言われ、7月は混みだすので6月に休みを取ろうかと、飛行機を調べる。
パリ→ヘルシンキ、帰りはサンクトペテルブルク→パリをGo Voyageという価格比較サイトで見たらひとり往復591ユーロ。エールフランスのサイトで見るとほぼ同じ料金。じゃマイレージ持ってるから(2万1480マイル)エールフランスにしよう。

ところがメニューにSaint Pétersbourg がどうしても出てこない。電話するとわりとすぐに生身の人間が現れて「LEDと打てば出ます」
そんな業界略語、知ってるわけないじゃない。
ついでに日程を言って一緒にやってもらったら、
「往復2名、837ユーロです」
「 !!私の画面では1293ユーロと出ているのになぜ?」
「私の画面では837ユーロです・・・アララすみません、1か月間違えていました」
「・・・・」
つまり7月のほうが安いってこと。バカンスに入って料金が上がると思ったら、エライ間違い。第一1293ユーロなら東京往復できる。
電話を切って日程をずらしたら、希望の日取りで往復2人877ユーロがあった。今度はFlying Bleu(マイレージカード)に電話したら、延々と音楽を聞かされ誰も出てこない。受話器を置いて他のことしなかったら、とっくに切っていた。15分は待ってようやく出てきた男性に、
「877ユーロの一部をマイレージでカバーできます?」
「少々お待ちを・・・できません」
「!?」
「パリ→ヘルシンキ1人分ならカバーできますが、そうすると帰りが高くなって合計同じくらいになります」
全然わからん理屈。でも訳を聞くのも疲れた。前にパリ⇔ニースをマイレージで買おうとしたら、空港税は別、チェックインのバゲージもカバーできない、と結局同じくらいの料金になってキレたことがあったし。
「マイルを溜めることに何の意味があるんでしょう?」とワタシ。
「もっと近い、ヨーロッパの国に行くとか」
「ヘルシンキはヨーロッパですけど」
今度は向こうが黙る番だった。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ