FC2ブログ

子牛の頭が売れるわけ

シラクさんはパリ市長時代に「子牛の頭のグリビッシュソースが好物」と、この庶民料理を褒め上げたらしい。
それがきっかけで、時代遅れのこの料理がカムバックし、メニューに載せるレストランが増えた。

これを見ると、全然食べる気はしないけど・・・

子牛の頭グリビッシュソース
photo:20mn

「魚の頭の頬肉が美味しい」と言うと、フランス人はギョッとするのだ。

作り方は、骨を外した(!)子牛の頭をクルクル巻いて、野菜やブーケガルニと一緒に2時間煮込み、グリビッシュソース(ゆで卵、ケッパー、玉ねぎ、マスタード、サラダ油を混ぜたソース)とともに食べる。

子牛の頭グリビッシュソース
photo: recette.com

もっと好きなものがあったらしいけど「シラク=子牛の頭」の公式が出来上がり、行く先々でこの料理を食べさせられるハメになる。
シラクさんが亡くなってから「子牛の頭を食べて元大統領を偲ぼう」という人が増え、パリの某肉屋では「ふつう1週間に6㎏売れる子牛の頭を、一日で10㎏売った」

子牛だけでなく、26日正午から追悼ツィートの数は増え続け、午後5時には22万7000に達した。

新聞各紙のの一面、週刊誌の表紙はシラク一色

シラク元大統領死去
image:franceinfo

マクロン大統領は、エリゼ宮に記帳コーナーを開設。追悼の言葉を書きたい人たちの列。

シラク元大統領死去
photo:Alvinet

政治家としては失敗もあり、褒められないこともやったけど、見せかけでない人間味を持った人物だったのだ。

9月29日(日)は、アンヴァリッドで一般追悼セレモニー。
シラク元大統領が推進して誕生したケ・ブランリ美術館/Musée du Quai Branly Jacques Chiracは10月11日まで無料。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



一番人気のシラク元大統領、旅立つ

正午にニュースを聞き、息子にメッセージを送ろうとしたら、同時に彼からのが届く。
「聞いた?シラク!」「シラク死去!」

シラク元大統領 死去
photo:l'express

ジャック・シラクは息子が5歳から17歳まで大統領、
「ぼくの子供時代の大統領だった」
その前は18年間(!)パリ市長。

1995年、仏大統領で初めて、ユダヤ人強制収容におけるフランスの責任を認めたのがシラクだ。
Rafle du Vel d’Hiv(ヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件=1942年、1300人余りのユダヤ人が仏憲兵に捕らえられ、強制収容所に送られた。その多くは2度と帰らなかった)の53回記念日の演説で、
「啓蒙と人権の国、難民を受け入れる国、フランスが取り返しのつかない過ちを犯した」

フランス大統領で初めて、有罪判決を受けたのもシラク。
パリ市長時代の架空雇用がバレ、「公金の横領」「背信」で執行猶予つき2年の禁固の判決が下りたのは2011年12月。
大統領の免責特権で逃げ続け、20年近く経って裁かれたわけだけど、2005年、脳卒中を起こしてから、記憶障害があり法廷にも現れなかった。さらに健康上の理由からムショ入りは免れた。
28人中19人が架空雇用というハンパでない横領は、今日、ディナーでロブスターを食べた大臣が辞職することを考えると、一時代前の政治家だったのだ。

それでも国民には絶対の人気があり、農業市では何を薦められても喜んで食べ、好物は子牛の頭のグリビッシュソース(庶民料理)、相撲ファンで愛犬の名前はSumo、日本好きが高じて、日本のどこか愛人がいたことは政府関係者の間では公然の秘密だった。ベルナデットは恐妻だから無理もない。

1996年、東京の三越前で。

シラク元大統領 死去
photo:20mn

私にとっても一番親しみが持て、最後までエレガントな元大統領だった。

2015年に肺炎で入院してからさらに弱り、車椅子生活。「いつ亡くなってもおかしくない」状態だったので、各メディア、死亡記事の用意万端、ラジオは即「シラク死去、特集番組」になった。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エラ・ファニング)は大学生で恋人同士。
大学の新聞に記事を書いているアシュレーは、有名作家のインタヴューでNYに行くことになり興奮している。

ウッディ・アレン 『A rainy day in New York』

NY出身のギャツビーは“ロマンチックなNYの週末”を計画。ギャンブルで大儲けしたばかりの彼は、高級ホテルとシックなレストランを予約する。
ホテルに荷物を置くまではいいけど、そこから何事も予定通りに運ばない。
おまけに雨が降り出し、2人は離れ離れになり、それぞれ予想外の出会いをする・・・

83歳のウッディ・アレンの50作目(確か)『Un jour de pluie à New York/ア・レイニー・デイ・イン・ニューヨーク』

ウッディ・アレン 『A rainy day in New York』

この作品、アメリカでは公開中止になった。昔の性的暴行の疑いが原因:1992年、当時の彼女だったミア・ファローの養女にウッディ・アレンが性的虐待を加えた容疑で訴えられたが、証拠不十分で不起訴になった。
忘れかけていたスキャンダルが、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ&暴行が明るみに出て「# Me too運動」が始まり、再浮上したというわけ。
フランスでは推定無罪(日本語では「疑わしきは罰せず」)、だからかどうか知らないけど公開になり、昔のウッディ・アレン節が戻ってきた、と評判がいい。たしかに『アニー・ホール』を思い出させる。
アニー・ホールではシニカルな文学青年を自ら演じていたけど、83歳じゃ絵にならん、とティモシー・シャラメに(Timothéeをティモテじゃなくてティモシーと読ませるの?)
ウッディ・アレンの身代わりにはちょっと美しすぎない?

ウッディ・アレン 『A rainy day in New York』

個人的には、今ひとつ深みに欠け、『君の名前で僕を呼んで』『ビューティフルボーイ』のシャラメのほうがよかった。

恋人アシュレーはエラ・ファニング。時にコミカルな天然美少女の役が、私には新境地に見えたけど、

エラ・ファニング
photos:allociné

上手いか、下手かで意見が分かれるところ。
日本では公開が決まっていないようだけど、お奨めです。

Un jour de pluie à New York
ウッディ・アレン監督作品
主演:ティモシー・シャラメ、エラ・ファニング、セレーナ・ゴメス、ジュード・ロウ・・・
1時間31分
フランスで公開中


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

三重苦の土曜日

21日の土曜日は、ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト)、Marche pour le climat(環境のための行進)に加えて、年金制度改正反対とデモが3つも。“うちから出ないほうがいい”日になった。

パリだけで7500人の警官&憲兵。
この写真で見る限り、警官のほうがずっと多いじゃない・・・

黄色いベスト 2019/09/21
photo:OuestFrance

シャンゼリゼ通りに集まった黄色いベストたちはたちまち警官に取り囲まれた。
この中には“Ultra Gilets Jaunes/超黄色いベスト”と呼ばれる過激派と壊し屋ブラック・ブロックスが混じっていた。
黄色いベストのひとり、50代男が警官に、
「てめぇらみんなバカ野郎だ、腰抜けだ!わしらの時代のポリスはこんなじゃなかった!」と食ってかかる。
警察を侮辱&反抗は禁固、罰金の罪だ。身分証明書を求められ、この男が取り出したのは警察手帳。尋問した警官はぶっ飛んだ。
この男、ニコラ・Cは内務省付きのテクノロジー&情報課の警察部長で、この日はオフ。尋問されてからも悪態をつき続け、警察署に勾留された。勾留されてもまだわめき続けるので、こいつちょっとおかしくない?ということになり精神鑑定にかけるそうだ。

シャンゼリゼから追われた黄色いベストたちは欲求不満で、サンミッシェル通りの『環境のための行進』に紛れ込むことにする。

Macron roi de blabla=口先だけの王様、マクロン

環境保護の行進 2019/09/21
photo:leparisien.fr

過激派&壊し屋1000人あまりも加わり、サン・ミッシェル通りはウィンドウやバス停が壊され、バリケードが燃やされた。

環境保護の行進 2019/09/21
phoot:libération.fr

他の国では警官隊との衝突もなく行われた環境保護のデモが、フランスではなぜこうなるのか?という問いはズレている気がする。外国メディアはよくフランス革命を引き合いに出し「国王の首を刎ねた国民だから・・・」というけど、短絡的ではない?
そこに黄色いベストや壊し屋が紛れ込んだからで、環境保護を訴える人たちのせいではない、と信じたい。

この土曜日、フェイドアウトしているか見えた黄色いベスト運動が再燃したのは事実。
問題は、なぜマクロン大統領は庶民の怒りを鎮められないのか?だ。
きのうのデモの様子を一部始終、観察していたというマクロン、一体どういう答えを用意するだろう?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

アンジェ近くのBeaulieu-sur-Layon/ボーリュー・シュル・レイヨンに、ルイ・ヴィトンの新しい革製品アトリエ(6000㎡)ができ、LV社長、労働相や市長が落成を祝った。
ロワールワイン、Coteaux du Layonで知られる地区に高級ブランドのアトリエ、というステイタスが加わって、

ルイ・ヴィトン革製品アトリエ
photo:courrierdelouest.fr

「これがきっかけで他のブランドも来るのでは!」と、市長さんはホクホク。
「パリから電車で1時間。パリからクリエイティヴが来て生産者と話し、できた試作品を生産者がパリに見せにいくのに便利な距離。この連結プレーが高級革製品の秘訣です」とLルイ・ヴィトンの社長さん。

既に4300人を雇っているLVアトリエは全国15か所。2022年までにさらに1500人雇い入れる予定で、失業減らしにも貢献する・・・いいことずくし?

シャネルも新アトリエをオワーズ県Verneuil-en-Halatteで着工。2020年末完成予定で面積は2万5000㎡。
完成予想図

シャネル革製品アトリエ
photo:fashionnetwork

エルメスはノルマンディのモントルーに、2022年完成予定・・・
なぜ高級ブランドが次々と新アトリエ?
深く考えるまでもない、売れすぎて生産が追いつかないのだ。
「世界のお客さんの要求を満足させるため」とブランド側、でも目玉は中国人だ。
どういう計算か知らないけど、ルイ・ヴィトンのポテンシャル顧客が中国に5憶人!と言う。

その上バッグの寿命が短くなっている:かっては3年、今は6カ月、とニュースで言っていた。
高いバッグを買っても半年後は戸棚の奥で忘れられる、ということ。
高級バッグは使い込んで馴染んだのがいいと思うけど、6カ月じゃZARAのバッグと一緒じゃない・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ