FC2ブログ

ゴーン仏弁護士「あれは拷問だ」

「自白させるために人質にする、これは“人質司法”と呼ばれている日本式やり方だ」
今朝のFrance Infoで、ゴーンの弁護士フランソワ・ズィムレイは怒っていた。
「一日8時間、昼夜を問わず尋問し、しかも日本では拘留中に弁護士の立ち合いは認められない-これは“拷問”だ」

カルロス・ゴーン4回目の逮捕の2日後、“身の危険を感じて”フランスに発った妻、キャロル。
彼女のインタビューが日曜日の新聞に載った。

カルロス&キャロル・ゴーン
photo:Ouest-france

4月4日早朝、寝込みを襲われた2人(朝弱い私には既に拷問だ)。
「女性警官がバスルームとトイレまでついてきた。屈辱的だった」

「私のパソコン-カルロスはパソコン禁止-タブレット、携帯が没収された。『電話だけは取らないで、私は日本に知り合いがひとりもいないし、子供たちと連絡を取りたいから』と言っても耳を貸さなかった」

「800万ユーロの保釈金を払い、カルロスは検札の条件をすべて守ったのに(再逮捕の)理由がない。“黙らせるため”だったのか・・・彼は11日に外人記者クラブで記者会見を予定していた。でも逮捕されるかもしれないのがわかって彼はTF1とLCI(ともにTV局)に送ろうとヴィデオに録画していた」

「カルロスがすぐ釈放されるかどうか数日待ったけど、弁護士が何日もかかりそうだというので出発を決心した。金曜日夜、在日仏大使が飛行機に乗るまで同行してくれた。でも離陸の直前まで『降りなさい』と言われるのではないかと生きた心地がしなかった」

キャロル・ゴーンはマクロン大統領に会って助けを求める、と言っている。

日産の臨時株主総会で、経営陣の責任を問う声が多かったそうだけど、確かに、経営陣だってマッシロとは言い切れないのでは。

カルロス・ゴーンが無罪とは全く思わない。長すぎる権力、桁外れの報酬で感覚が麻痺し、一線を大きく越えてしまった人。
でも、日本の検察のやり方-超長い拘留期間、拘留状態、4度目の逮捕・・・-が世界的に報道され、批判され、今後、企業の外国人リーダーは日本で仕事をしたくない、「日本でガイジンはヤバい」と思うのでは。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



ゲイであることを隠して、ハリウッド映画のスーパーヒーロー役をゲットしようとするテレビスターの物語。
『Ma vie avec John F.Donovan』ジョンF・ドノヴァンとの人生。
『ゲーム・オブ・スローンズ』のキット・ハリントン、スクリーンでは初めて見る。憂いがあって適役。

『Ma vie avec John F.Donovan 』グザヴィエ・ドラン

2016年に撮影開始しているのに、公開がこの3月になったのは二転三転あったから。
まずグザヴィエ・ドランの”読み違い”。彼の頭の中で前から温められていたこのアイデアは、撮ってみると「ウソっぽかった」
媒体が違うと効果が変わるってことある。しかも最初のモンタージュは4時間を超えていた。

そこでもっと個人的な切り口に変え、そのため、ジェシカ・シャステンの役をバッサリ切らなければならなかった。
「僕はジェシカ・シャステンを敬愛している。第一、彼女の結婚の証人だった。だからと言って、もし彼女の役が-ゴシップ誌のイジワル編集長-が作品全体に合わなければカットを厭わない。もちろん最初に知らされたのはジェシカで、それからソーシャルネットワークで公表したら、頭でっかち、恩知らず、と恐ろしいバッシングに遭った。」とグザヴィエ・ドラン。

とうとう2時間強の作品に仕上がり、トロント・フェスティヴァルで上映された。
観客は拍手したのにアメリカのメディアは酷評し、アメリカでは公開されないことに。前作『たかが世界の終わり』もアメリカでは公開されなかった。
ドランのカナダのディストリビューターもそれに倣い、イタリア、日本、韓国など、彼の作品が知られている国にも配給されない。
共同制作したフランスだけで公開となった。

フランスでの批評は『マミー』『たかが世界の・・・』ほど良くはなかったので、ちょっと迷った末、観に行ったら良かった。
2000年はじめ、少年ルペールが大ファンのドノヴァンに手紙を書き続け、10年後、やはり俳優になった彼がジャーナリストに“自分のドノヴァン”を語るところから始まる。
母親(ナタリー・ポートマン)と2人暮らし、学校では“女の子!”といじめられ、学校から帰って観るテレビシリーズだけが生きがいのルペール(ジェイコブ・トレンブレイ)と、

『Ma vie avec John F.Donovan 』グザヴィエ・ドラン

ゲイであることを隠し、分裂したアイデンティティに苦しむドノヴァンの日常が

『Ma vie avec John F.Donovan 』グザヴィエ・ドラン
photos:allociné

交互に描かれる。

アメリカではまだ隠すべきことなんだろうか?
「もしクリス・エヴァンス(キャプテンアメリカ)がカミングアウトして、彼氏と手に手を取り合ってレッドカーペットを歩いたら、ディズニーは大騒ぎするだろう。最新バージョンの『美女と野獣』はアラバマ州の全映画館で上映禁止になった。脇役の男性が他の男性とダンスするシーンがあるからだ」とドラン。
「僕の場合、最初から隠さなかったのでまだいいけど、もし俳優だけやっていたら、絶対主役は回ってこなかった」

ピューリタンの国で、差別はまだ根強いのだ。

Ma vie avec John F. Donovan
グザヴィエ・ドラン監督作品
主演:キット・ハリントン、ナタリー・ポートマン、ジェイコブ・トレンブレイ他
2時間3分
フランスで公開中

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






週末に友達夫婦のうちに夕食に行った。30年来の付き合いで彼らのグルメな食習慣は知り尽くしていると思っていたら、ミネラルウォーターの銘柄が変わっていた。エスプレッソマシンがなくなっていた。
「ネスレ製品、ボイコットしてるのよ」と友人妻。

ネスレが発展途上国(主に東南アジア)に乳児用粉ミルクを売り、1977年から不買運動が始まったのは有名だが、アフリカではまだ悪徳商法が続いている、と彼女。
毎年、世界中で150万人の新生児が粉ミルクのせいで死亡している、という事実にOMS(世界保健機関、英語でWHO)とUNICEFは驚いた。
ネスレの粉ミルク年商額は130憶ユーロ。ブルキナファソとトーゴの医療機関の15%には、毎年プロモーション用の粉ミルクが無料で送られてくる。
アフリカでは“欧米のライフスタイルに倣おう”というCMが多く、欧米から輸入されるものはなんでも高級だ。
母親が母乳で育てようと哺乳瓶を与えようと、子供の知的能力に何ら差がないのは科学的に証明されている。
“質より量”を選び、3か月目から哺乳瓶で育った息子と、「もう出ない!」というまで母乳を希望した娘に知能の違いは感じられない。
だから粉ミルク自体に非はないんだけど、問題は、アフリカ住民の経済的状況が欧米のそれのそれと違うという点。
貧困層は粉ミルクを水で薄めすぎるため、栄養失調で抵抗力がなく感染性の病気に罹り・・・多くは死亡する。

さらにサハラ以南のアフリカ住民の半数は飲料水がない生活をしている。
飲料水は遠くまで汲みに行くか、買わなくてはならない。

nestle afrique

それができない場合、粉ミルクを汚染された川の水で薄める・・・結果は推して知るべし。
アフリカの粉ミルクが“毒入りプレゼント”と言われる訳。

一方、母親は母乳を与えている間は非常に妊娠しにくい。排卵に必要なホルモンに授乳が影響するせいだ。
「粉ミルクに切り替えたアフリカ女性は次々に妊娠して、子供5人も養えない!ということになるのよ」と友人妻。

その日から、私もネスレ・ボイコットに参加することにした。キャピタリズムもここまでくると犯罪だ。
しかし、世界最大の食品・飲料会社ネスレはこれだけのメーカーを傘下に持ち、

ネスレ製品ボイコット

今後、このリストを持ってスーパーに行かなくちゃ・・・


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



最後の授業

ナタン君は4月の初めから3か月日本に行く。
そのために段ボール会社で6カ月バイトしてお金を溜め、クリスマスプレゼントも「全部キャッシュでもらった」
Dokodemo」という日本留学支援サイトで東京の日本語学校の3か月コースに登録し、シェアハウスも見つけ準備万端。


dokodemo 日本留学支援サイト

1年半前、沈黙のほうが長かった会話もずいぶん続くようになった。
最後の授業で敬語の基本を教えたら、
「自分が“なさいます”と言ったらジョークになる?」
「なるなる」
「“召し上がりますか?”に願望を入れることができる?」
「入れてみて」
「召し上がりたいですか?」
「スバらしい!」
今は大学にも行っていないしバイトもしていないので、一日中日本語のアニメを観たり、『みんなの日本語』の総復習をしているそうで、上達するわけだ。
「お父さんとお母さんは何て言ってるの?」
「なんで日本なんだって」
「遠すぎる?」
「そう、日本で女の人に会ったらコワイって」
この文章だと日本人女性が恐ろしいみたいけど、「日本で女の人に出会って帰ってこなくなったら」を心配しているらしい。
「その場合は“コワイ”じゃなくて“シンパイしてる”」
「はい、シンパイしてる」
授業の終わりにナタン君はリュックからワインの瓶を取り出した。2010年のボルドーグラ―ヴ。
「お礼です」
「?!」
「ほんとにありがとうございます」
思いがけなくて、言葉に詰まる。
「帰ったら話を聞かせてね」
と別れたときの気持ちは、何年も前に初めて息子を日本に送り出したときのと似ているような気がした。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


春告げ猫

地上階のうちの窓にも日が差すようになり、猫たちが光を求めて右往左往はじめると、ああ春分が近いんだ、と。

「オーイ!ここに日が差してる」

タマ、リュリュ

早速、寝椅子(段ボール箱の蓋)登場。
「ナンだ、お前も来るのか?」

タマ、リュリュ

よく場所取りの喧嘩になる。リュリュはこっちに避難。

タマ、リュリュ

太陽に当たりたい、は動物の本能なのだ。
冬が長くて灰色のパリで、太陽が出るとカフェのテラス席が取り合いになるのも、動物の本能でしょうね。

紫外線(UVB)はビタミンDの合成を促進し、くる病やかっけ、骨粗鬆症(骨の密度が減る)の予防になる、のは知っていたけど、
-血圧を下げる
-いくつかの皮膚炎を改善する
-免疫を強化する
-目の疲れを癒す・・・などなど恩恵がある。
逆に太陽の欠乏は鬱を招く(季節鬱)。私は3年間、地下室がオフィスで、冬は確かに滅入った。

日本では毛嫌いされ(されすぎ)ているけど、程よく太陽に当たるのは身体にいいんだ、と猫に教えられる。
フランス人のガンガン焼き方は非常識だけど、足して2で割るとちょうど良さそうだ。

そのフランスでも日焼けサロンはどんどん姿を消している。なんでもメラノーマ(ほくろの癌)の43%はマシンによる急速な日焼けが原因だそうで、サロン禁止にはなっていないけど、基準が厳しくなった。例えば若い人のマシン日焼けが危険なので、18歳未満お断り。
と同時に、紫外線に当たりすぎると皮膚ガンの危険、ガンにならなくても皮膚の老化を早める、という知識(ジョーシキ?)が行き渡り始め、2009年には2万人を数えた日焼けサロン従業員が、今は半分になったとか。

皮膚の老化を早める、という情報は届いていないらしく、うちの猫たちは太陽を求めて今日も走り回っている。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
おすすめコスメ
フランスに行くなら
プロヴァンスの田舎町をまわる1日
アーカイブ