FC2ブログ

この夏、EU圏に来ていい国

すなわちコロナが鎮静した、とみなされる国が7月1日に発表された。
アルジェリア、オーストラリア、カナダ、ジョージア、日本、モンテネグロ、モロッコ、ニュージーランド、ルワンダ、セルビア、韓国、タイ、チュニジア、ウルグアイ。そして中国は、向こうがヨーロッパ人の入国を許せば、という条件つき。

このリストは2週間置きに見直される。

EU圏に来ていい国

アメリカ人、ロシア人はヨーロッパに来れない。
フランスの観光客1位はアメリカ人だから、観光業界にとって-とりわけ高級ホテル、星付きレストランにとって-致命的だ。

現在、パリのホテルの稼働率は10%を超えない。通常75~80%で、サロンや国際会議があると90%に達する。
これなら開けないで、従業員を失業扱いにして寝ていたほうが得策かもしれない。

コート・ダジュールのリゾート地も、この夏、ロシア富豪を当てにできないことになる。

でも日本人は来れる!わーい!と喜ぶのは早い。
ニュースに出てきた某ツーリストオフィスのボスは、
「日本人は非常に用心深い。“ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト)”の時、パリは内戦状態と思われた。テロが続いた時は論外だった。今年は期待できない」
日本からのパック旅行は9月まですべてキャンセルになったそうだし。

逆に「日本に来ていい外国」はタイ、ヴェトナム、ニュージーランド、オーストラリアが第一弾の入国許可候補で「検討に入った」。
圧倒的に少ない感染者数、死者数(フランスの60分の1!)を誇る日本としては用心深くならざるを得ないでしょう。

中国が近くて中国人観光客も多いのに、どうして日本は感染を押しとどめられたのか?がよく話題になる。
「キスしない、握手しない、清潔好き、マスクの習慣あり」が必ず挙がる(『民度の違い』は挙がらない)
先週、薬学研究者の友人と会ったら「食べ物じゃない?」
他の国民は食べないけど、日本人が日常よく食べているものに免疫力がある、と言う説。モーリシャス島もその可能性があるんだって。
日本人がよく食べて他国では食べないもの・・・海藻?納豆??
仮説ではあるけど、ありうるかもしれない。やっぱり納豆かな?


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

モト首相フィヨンに実刑判決

2017年の大統領選で、支持率トップを走っていたフランソワ・フィヨン。サルコジ大統領時代の首相で、いつもすごく仕立てのいい高そうなスーツを着ていた人。
選挙戦の真っ最中に、カナール・アンシェネ紙が、奥さんペネロープの架空雇用をすっぱ抜いた:“議会アシスタント”の名目で計60万ユーロ(7000万円強)が払われたのに、議会でペネロープ・フィヨンを見かけた人がいなかった・・・
大統領選3か月前というタイミングだけに「これは陰謀だ」とフィヨンは叫んだけど、架空雇用の事実は消せなく、候補を降りた。

それから3年。パリ裁判所が下した判決は;
フランソワ・フィヨンに禁錮5年、うち実刑2年。37万5000€の罰金。10年間の被選挙欠落。
ペネロープには執行猶予つき禁錮3年、同額の罰金。

フランソワ・フィヨンに有罪判決
photo:AFP

厳しい判決の理由は、模範を示すべき立場の人間が「個人の利益を公共利益に優先させ」「国民の信頼を裏切った」。
おっしゃる通り。
選挙運動中、フィヨンは誠実さ、クリーンな政治を掲げていたのに、実は私腹を肥やすことばかり考えていたのね。
裁判所によると、奥さんだけでなく子供2人にも払われた上院下院の公金を足し算すると、なんと115万6000€(約1億4000万円)に上るそうだ。
それでSartheのシャトーに住み、いつもオーダーメイドのスーツを着ていたなんて、全く。

フィヨン夫妻の弁護士は控訴すると言っているけど、横領の事実は変えられない。
そういえば、2012年の大統領選で有力候補だったDSKことドミニック・ストロス=カーンは、セックススキャンダルで政治生命を絶たれた。支持率トップはヤバいことが多い。


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



田舎に来た理由

のひとつは、娘が隔離中に手懐けたソーシスに会うため。

おお、君が噂の!

IMG_20200625_093043.jpg

小柄で、アイラインで縁取りしたようなアーモンド型の目。若く見えるけど、ご近所の話では「何度も子供を産んだ」高齢マダム。
ソーシス(ソーセージ)は可愛い名前だけど、そんなに丸々していない。

最初は警戒していたけど、すり寄ってくるまでそんなに時間はかからなかった。動物は動物好きをすぐ嗅ぎとる!

娘はソーシスに会うため、せっせと田舎に通ってくる。パリの猫、タマには内緒で。つまり本宅と妾宅を行き来しているようなもんだ。ま、ソーシスは雌だけど。
庭にはバラが咲き、

IMG_20200626_162501.jpg

IMG_20200625_121639.jpg

隔離中に始めた菜園にはニンジンやトマトが育ちつつある。
オゼイユ草は、鮭のソースによく使われる。オムレツに入れても美味しい。

IMG_20200625_121429.jpg

オレンジの花はなに?
「害虫に食われているんで害虫除けのインド・カーネーションよ」
何でそんなこと知ってるの?

まだ小さいサラダ菜。ミネラルウォーターの逆さま瓶は留守の間、水をやる”システム”。

IMG_20200625_121521.jpg

娘は病気のバラを介抱したり、ひな鳥が巣箱から飛び立つのに立ち会ったり。
でも自然は美しいばかりじゃない。ハエが多くて、家中、何十匹も飛び回っている。
大胆にも顔や腕にとまるので、静かに本を読むこともできない。その上、すぐに卵を産む。
わたしがソーシスにやったキャッツフードの缶詰をテーブルの上に放置していたら、
「ダメ、すぐ冷蔵庫に入れないと、中に卵を産むから」
!!!
そして隔離中の恐ろしい体験を話してくれた。一緒に籠った友達のひとりがビールをよく飲んで、空き瓶を物置に並べていた。
田舎にゴミ集配車はなく、自ら村のゴミ捨て場に捨てに行く。
瓶が溜まったので、そろそろ捨てに行くか、と物置に行くと、
「瓶の中に白いモノがたくさんうごめいてるのよ」
ギャー!
「ハエがお酒好きとは知らなかった」
「お酒は糖分だから、糖に惹かれて瓶に入ったのよ」
パリでは酒瓶を少し溜めていてもそういう事態にはならない。
自然がコンクリートに閉じ込められず、むき出しで、すぐ近くにあるということだ。

でもハエの害を差し引いても、初夏の田舎の美しさは圧倒的。空は青さが違い、緑の濃淡のニュアンス、夜は満天の星。
外で食べるご飯の美味しさ。娘が「最高の隔離だった」と言うはずだ。

ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



99歳の逞しいおばあさん

小さいスーツケースを持って出かけるわたしを見て、猫たちは、
「ウソだろ、おまえもか!」「ぼくたち、どーなるんだ?」という顔になった。
隔離中、娘は田舎にいたけど、わたしはずっとパリにいたので安心していたのだ。
アタシだって田舎に行くのよ。2日間だけだけど。
その間、娘の彼が世話してくれることになっている。

東駅で夫と待ち合わせて電車に乗る(最初、”西駅”って書いてました!書きながら、何か耳慣れない言葉、と感じていましたが、あるわけないですよね。指摘してくださった方、ありがとうございます。)

スキャンダルで失墜したパリ市長候補、バンジャマン・グリヴォーは、この駅をどこかに移し、テーマパークにするというトンデモナイ計画を立てていた。
gare de lest3

電車は空いていて、通路の向こうの席に大きなスーツケースを持ったおばあさんが座っている。
彼女の電話がけたたましく鳴った。
「・・・うちに帰るとこよ。もう電車に乗ったわ。東駅までくるのに2度乗り換えで、シャトレの廊下は恐ろしく長くてもうクタクタ」
確かに。何線も交差するシャトレ駅の通路は果てしない。
「・・・うるさいこと言わないで。疲れたって言ってるでしょ。わたしは99歳なのよ」
!!!
わたしが99歳になったとき(生きていれば)、大きなスーツケースを持ってひとりで旅行できるだろうか?
おばあさんは話し方もはっきりしていて理路整然。えらい。
でもあのスーツケースを持って降りれるかしら?(持って乗ったからには大丈夫か・・・)
会話から察するに彼女はわたしたちより先の駅で降りる。誰か手伝ってくれればいいけど。

しばらくしておばあさんは、足元に置いていたスーツケースを、けっこう軽々持ち上げてテーブルの上に置いた。
目の隅で見ていたら、中をゴソゴソかき回して袋を取り出し、中身を食べ始めた。おやつの時間!
逞しいこのおばあさんにわたしはすっかり感心してしまった。

降りる駅が近づいて席を立つと、おばあさんはわたしの盗み聞きや要らぬ心配を知っていたかのようにニッコリ笑いかけ、
「さようなら」
「さようなら。気をつけて」

西日が照りつける田舎の駅には先に着いた娘が迎えに来ていた。

Gare_de_Bar-sur-Aube_202006261843306e0.jpg


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村







不動産詐欺の手口

娘と彼が不動産屋のサイトを熱心に見て、ああだこうだと言っている。
彼は絵を、娘は漫画を描き、2人ともバイトをしているけど、それで賄っていけるのかね。
親がかりでアパルトマンを借りる“独立”は困るのよ。
「わかってる。あたしたちの収入で何が借りれるか見てるだけ」と娘。
間もなく「これどう思う?怪しくない?」と物件の写真を見せに来た。

アラ、きれいじゃない。

4.jpg

2.jpg

「このアパルトマンはうちの娘が住んでいました。彼女がトゥーロンの実家に戻ってきたので貸しに出します。
写真のように非常に清潔です。

住所:10 Rue Marie Dubois 93200 Saint-Denis
メトロ13番線駅から徒歩6分。状態良の建物3階、35㎡。玄関、キッチン、居間、寝室、浴室、トイレ。南向き、日当たり良。
家賃:560€管理費(水道、電気、ゴミ収集)込み。
保証金:1120€

トゥーロン(パリから850㎞)とサン・ドニ(パリの北)の距離を考えると何度も往復はできません。
見学のあと、もし物件がお気に入ればその場で契約にサインし、鍵をお渡しします。

見学の日取りを決めるため、下記の情報をメールでお送りください。
名前、年齢、職業、現住所、電話番号 ・・・・」

ムムム・・・郊外とは言えメトロが通っていて、この広さ+状態の良さで560€、この条件なら候補者が殺到するはず。
それだけに“見学してすぐサイン”は怪しい。怪しすぎ。
店子が家賃を踏み倒して夜逃げ、は珍しくないから、家主は候補者の条件(定収入の額、保証人の確かさ・・・)をつぶさに比較検討して決めるもんだ。
と言うと、「だよね・・・」

娘が“家主”のメールアドレスを打ってみると、果たして「このアノンスに注意!」のコメントがいくつか上がってきた。
コロナの経済危機で色々な詐欺が増えているけど、不動産も要注意だ。学年末で引っ越し時期だし。
娘たちが「いい!」と思った物件は立て続けにウソ広告だった。

Airbnbを借りて、写真を撮り、見学させて、上手く行けば保証金をもらって逃げよう、という手口。
釣り文句は「娘が住んでいたアパルトマン」(息子じゃダメ。娘だと綺麗に使っていた印象あり)、
「往復するには遠すぎるので、すぐ決めて欲しい」(納得できる理由ではある)

美味しすぎる話は疑ってかかったほうがいいですね・・・



ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村









プロフィール

Author:長谷川たかこ

この国に住もう!と決めたのは13歳のとき。それが実現したのは10年以上経ってから、それから30年の月日が流れました(計算しないで!)
現在フレンチ・コード主宰。訳書多数、著書3冊。夫1人、子供2人、猫2匹と暮らす騒がしい毎日。映画と料理とデビッド・ボウイが趣味。


長谷川たかこ

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
おすすめ書籍
RSSフィード
フランス語講座
おすすめコスメ
アーカイブ